日本のクラシックカーを魅力的にする存在│トヨタ2000GTの価格変動は?

RM Sotheby's

美しい外観とヤマハが開発した直列6気筒エンジン、そして製造数の少なさが組み合わさって、この日本のクラシックカーを非常に魅力的にしている。
 
オークションでの主な動きはアメリカに集中している。とはいえアメリカ市場での流通数は総生産数の20%に満たず、新車でアメリカに納車された左ハンドル車は62台にすぎない。最高値を記録したのは2013年4月で、2000 GT は日本車として初めてオークションで100 万ドルの大台を越えた。このときRM サザビーズで115万5000ドルの値を付けたのは、ベラトリックスイエローの1台だ。



翌年も、グッディング&カンパニーのペブルビーチでのオークションで、ペガサスホワイトの2オーナー、低走行距離の1台が同額で落札された。以降、オークションでの最高値はかなり下がっていたが、2020年10月にRMが力を入れて開催したエルクハートでのオークションでは、推定落札価格を越える91 万2500ドルの値を付けた。このシャシーナンバーMF 10 - 10100は過去5 年間に6 回の出品歴があった。昨年は9月にも日本のBHオークションで希少なMF 12 Lが8800万円(85万2500ドル)で落札されている。通常の仕様ほどエキゾティックではない2.3リッター SOHC エンジンを搭載するプロトタイプで、わずか9台の中の1台目だ。


 
アメリカのレストアラーでテレビ番組も持つウェイン・カリーニは、2000GT の魅力を次のように語る。「この車のすべてを心から楽しんでいるよ。デザインからエンジン、インテリア、アグレッシブなレーススタイルのホイールも。エンジンは見るからに芸術品だし、パワーデリバリーも、最高潮に達したときのエグゾーストノートも絶品だ」

「トヨタ2000 GT は、ガルウィング、素晴らしいフェラーリ、デューゼンバーグと並んで、一流のコレクションの四隅を固めるのに不可欠なモデルだ」

Glenmarchは、クラシックカーとコレクターカーのオークション市場に関する最大のオンラインリソースで、無料でアクセスできる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事