M.M.M. ミニ・ミニ・モールトン PART.1|サー・アレック・イシゴニス

Jack YAMAGUCHI

モータージャーナリストとして第一線を走り続ける山口京一氏による新連載がスタート。「20年来の懸案であった、クルマ、人、自動車産業の話題を綴る。波乱、時に悲劇を交えた劇的な展開から叙事詩と形容したいのだが、その才能に欠けるので、散文となる」と自身は謙遜を込めて綴るが、その長いジャーナリスト人生における人脈と経験は計り知れず、ひたすら尊敬に値する。PART.1のテーマは、サー・アレック・イシゴニス。



タイトルの略"M.M.M."は、『Mini・MINI・Moulton』の頭文字で、クラシック・ミニ、現在にいたるBMW ミニ、そして小径輪自転車モールトンを指す。気恥ずかしいが、英語の子供数え唄、"Eeny, Meeny, miny, moe"をもじり、『いいね、ミニ、ミニ、モールトン』ではじめる。

『それは新しい。それは非凡である。それはシンプルだ』 —ネルソン提督トラファルガー海戦前、作戦計画について
 
それは新型車技術解説としては、新奇、異色で、簡潔な見出しである。大提督ネルソン卿の表現がふさわしい自動車があるとすれば、それは1959年夏、ブリティッシュ・モーター・コーポレーション、略称BMCが発表したモーリス・ミニマイナー850/オースティン・ミニセヴンであろう。
 
このBMC解説書は、名イラストレーターのセイオ・ペイジと、自動車カートニスト、ラッセル・ブロックバンクのミニひとこまが含まれている。都度、紹介しよう。
 
8月26日、ロンドン南西サレー州チョーバム・テストコースにおいて、開発記号ADO15 (オースティン・ドローイング・オフィスの頭文字と設計順)のメデイア発表・試乗イベントが開催された。イギリスとヨーロッパから集まったメデイア、ジャーナリストたちは、この全長3m強の小さなクルマに驚嘆した。

チョーバム・テストトラックは、ロンドン南西方サレー州にある、森の中の3 . 2 kmコースで、ミニに最適なミニアルプス型サーキットだ。レースは開催されない。

 
やがて"The Mini"として世界的に知られるようになり、2000年夏まで約538万台が連続生産され、20世紀最後の年、英『AUTOCAR』誌の"ザ・カー・オヴ・ザ・センチュリー"に選ばれる(1位がフォード・モデルT、2位がMini)。まさに自動車史のエポックメイキング・カーである。

1959年8月26日、英サレー州チョーバム・テストコースで開催されたADO 15発表試
乗会のアレック・イシゴニ、当初のBMCの2ブランド、オースティン・“Se7en ”(セヴンと発音)とモーリス・ミニマイナー。(BMC)

 
そして、ひとりの自動車エンジニアが世界的名声を博した。のちに大英帝国勲功騎士コマンダー、"サー"称号を授与されたギリシャ系イギリス人、アレクサンダー・コンスタンティン、通称"アレック"・イシゴニスは、1906年、ギリシャ・スミルナ、現在のトルコ・イズミルに生まれた。エンジニアであった祖父デモスティニスは、英政府資金投入事業スミルナ・アイディン鉄道建設の功により英国籍を与えられた。

文・写真:山口京一 Words and Images: Jack YAMAGUCHI

RECOMMENDEDおすすめの記事