これぞ「タイムカプセル」!女性オーナーに所有されていたダットサンがオークションに

Bonhams

かつて、イギリスやイタリアのブランドに対抗するためには、手頃な価格のスポーツカーを提供することが重要であると考えた日産は、成功を収めたフェアレディ ロードスターシリーズの生産を開始し、その後すぐに、スタイリッシュで革新的、かつ高速で、比較的安価な新しいGTカーの開発に着手した。

1970年に発表されたダットサン240Z。ダットサン1600の4気筒をベースにした6気筒エンジンを搭載し、最高出力151bhp、最大トルク146lb·ftを発揮して、0-60加速をわずか8秒で達した。240Zは、1970年から1979年までの10年間、SCCA(アメリカスポーツカークラブ)のCプロダクション部門を席巻し、ポルシェ911に勝るとも劣らない実力を誇った。

1975年には、自動車に対する規制が強化されたことを受けて、280Zを改良して発売した。ボッシュ社製のKジェトロニック燃料噴射装置を採用し、エンジンを若干大型化することで、フラッグシップモデルである "Z "の性能を維持したのである。これは、多くのパフォーマンスカーがパワーダウンを余儀なくされていた時代に、見事に実現されたことである。280Zは、初代Zと同等の数値を記録しながらも、インジェクションシステムによって柔軟性と信頼性を新たに獲得した。280Zには、オリジナルのピュアなフォルムを損なうことなく、実用性を高めた魅力的な2+2タイプも用意されていた。



4月開催のオークションに出品されるこのダットサンは驚くほどオリジナルを保っており、非常に手入れの行き届いた「タイムカプセル」のようなダットサン280Zである。オドメーターに記録されている走行距離は8,700マイル以下となっている。この車は、1975年にワシントン州オリンピアにいる女性オーナーによって購入された。その後7年間、彼女はこの車を大切に乗り続け、丁寧な手入れとメンテナンスをおこなってきた。1982年に家庭を持った彼女は、この車を手放したという。この280Zは、数年前に前のオーナーが購入するまで、ワシントン州ベインブリッジ島の彼女のガレージに置かれていた。 



その後、燃料タンクの再調整、純正交換用の燃料ポンプの取り付けなど、機械的な整備がおこなわれた。最近では、南カリフォルニア在住の著名なコレクターの手に渡り、ブレーキシステムに多くのメンテナンスが施されている。



この280Zは、初期モデルのクラシックなスタイルを維持しながら、従来のZモデルよりも高い操作性と信頼性を備えている。現在、この280Zはタイムカプセルのような状態になっており、これ以上保存状態の良いオリジナルダットサンは、なかなか見つからないだろう。最低落札価格額は設定なしで出品される。推定落札価格は未公表だが、結果が楽しみだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事