ブランド初のセンターセコンド表示機能│モリッツ・グロスマン「セントラルセコンド」を発表

モリッツ・グロスマンはブランド初のセンターセコンド表示機能を持つ「セントラルセコンド」を発表した。

モリッツ・グロスマンのこれまでのモデルでは6時または7時位置のサブダイヤルで秒を表示していたが、セントラルセコンドでは洗練された長い秒針が文字盤の中央に配置されている。セントラルセコンドはポリッシュ仕上げのステンレススチールケースの持つスポーティかつエレガントな魅力と優れた機能性を併せ持っている。

蓄光ハイセラム樹脂を充填したステンレススチール針を合わせたブルーダイヤルセントラルセコンド ブルーダイヤルには細かく丁寧なサンレイ仕上げが施されている。光を受けた際に美しくきらめくこのブルーダイヤルは、光の強さにより様々な表情をみせる。このダイヤルは人の目には見えないほどの繊細なラインの仕上げを幾重にも重ねており、中央から放射状に光を反射する。

ブルーダイヤルとコントラストを成すのは、はっきりと際立つホワイトのアラビア数字インデックスと、ポリッシュ仕上げを施したステンレススチール製の針。針には暗所でグリーンに光る蓄光塗料を含むハイセラム樹脂を充填しており、暗闇の中でも時刻をはっきりと読み取ることができる。精巧な手仕上げを施した美しい繊細な秒針はダイヤル中央を軸にスムーズに時を刻む。



セントラルセコンドのもうひとつのバリエーションは、世界限定25本のサーモンダイヤルである。手仕上げされ直火で焼き戻されるスチール製のブルーの針と、洗練されたサーモンカラーのダイヤルが互いの魅力を引き立てる。ブラックで印字されるモリッツ・グロスマンのロゴと Made in Germany の文字が針やダイヤルと調和し、時計のシンプルかつクラシカルな印象を強める。

モリッツ・グロスマンの設計者は基幹キャリバー100.1 をベースにセントラルセコンドの新しいキャリバーを考案した。秒針をセンターに配置し駆動させるために、ゼンマイの力は中間車を介して3番車から新たに設計された中央の2番車へと伝えられる。ムーブメント全体の外観のバランスを整え調和させるため、ムーブメントのパーツは同じ高さへと揃えられた。そのためプレートと角穴車の厚みをそれぞれ調整している。最高水準の職人技は角穴車の歯の一枚一枚にも見ることができる。角穴車の歯先は十分に面取りされており、そのポリッシュ仕上げが美しい光沢を放つ。さらに角穴車の表面には細やかなサンバースト仕上げも施されている。

これまでのグロスマン製ムーブメントとは異なり、キャリバー100.11 の丸穴車はプレートに覆われ、角穴車の横には目を引く大きなサイズの新たな中間車がある。さらにムーブメント中央の秒針用の歯車も手作業で面取りされ、丁寧に磨かれている。グロスマンが掲げるサービスコンセプトに則して、中央に位置する秒針のための新しい歯車は必要な際にいつでも取り外すことが可能。バネが歯車の下にある溝にはめ込まれており、歯車を固定し正確でスムーズな運針を可能にする。ムーブメントが完全に組み立てられた状態でも、プレートのネジによりいつでもこのバネを調整することができる。


Ref. MG-002909
ケース ステンレススチール
ダイヤル ブルーダイヤル、サンレイ仕上げ
針 手仕上げ、蓄光塗料を含むハイセラム樹脂とともに仕上げを施したステンレススチール
価格 ¥3,000,000+税

Ref. MG-002939
ケース ステンレススチール
ダイヤル サーモンダイヤル
針 手仕上げ、ブルーに焼き戻されたスチール
価格 ¥3,000,000+税
限定数 世界限定 25本

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事