レクサス、ブランド変革に向けた取り組みを発表

Lexus

レクサスは、今後のブランド変革に向けた取り組みについて、3月30日に「レクサスコンセプトリビールショー」を通じて発表した。

レクサスは1989年の創業以来、常にイノベーションの精神を貫き、カスタマーに新たな技術や価値を提供することに挑戦し続けてきた。自動車業界は、100年に1度の大変革期を迎え、カーボンニュートラルや持続可能な開発目標(SDGs)への対応などの社会的使命の高まりに加え、カスタマーのライフスタイルや価値観も想像を超えるスピードで変化し、多様化している。レクサスはこれからも時代やニーズの変化に迅速かつきめ細かく応え、カスタマーの期待を超えるブランドとなるべく変革を果たしていく。



2005年のRX400h発売以降、ラグジュアリー市場における電動化の先駆者として、レクサスは常に優れた走行性能と環境性能の両立を追求してきた。現在は世界約90の国と地域で9車種のHV車やEV車を販売しており、2020年末時点で累計販売台数は約193万台となっている。2019年に発表した電動化ビジョン「レクサス・エレクトリファイド」では、電動化技術を用いた基本性能の大幅な進化を実現するとともに、カスタマーへ車がもたらす楽しさ、喜びを提供し続けることを目指している。今回発表されたEVコンセプトカー「LF-Zエレクトリファイド」は、2025年までに実現を見据えた走り、デザインや技術を搭載している。バッテリーやモーターの最適配置による慣性諸元の向上や四輪駆動力制御技術「DIRECT4」等を採用し、従来の車とは一線を画した高度かつ自由度の高い運動性能を実現。また、カスタマーの移動体験をより豊かにするために提供する技術や先進的なインフォテイメント機能などが随所に織り込まれている。





レクサスは、2025年までに世界各国や地域のニーズに応じて適時、適材、適所の考え方の下、10以上のEV、PHV、HV等の電動車を含む、約20車種の新型や改良モデルを投入する。基幹モデルのセダンやSUVラインアップの強化拡充に留まらず、車を操る楽しさを提供し続けるスポーツモデル、新しいショーファーの在り方やこれまでにない新ジャンルのモデル等の可能性を追求し、お客様のご期待を超える新しい価値の提供に挑戦していく。

レクサスは2025年には全車種に電動車を設定し、電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目指す。また2050年には、全モデルラインアップにおける材料製造、部品製造・車両製造、物流、走行、廃棄・リサイクルの各段階を含めたライフサイクル全体でのカーボンニュートラルを目指した車づくりに挑戦する。



2024年3月には、こうしたカスタマーに寄り添った多様性のある魅力的な商品の企画と開発を加速すべく、新たな事業拠点を開設。開発、デザイン、生産技術、企画に携わるメンバーが一堂に会し、次世代の車づくりに一丸となって取り組むとともに、社外パートナーとの共創を促すオープンな環境の実現をめざす。









レクサスインターナショナル 佐藤 恒治プレジデント/チーフブランディングオフィサーのコメント

「コロナ禍において世界中で様々な困難に直面しながらも、懸命に努力をされている全ての皆様へ、心から敬意を表します。我々はカーボンニュートラル社会の実現といった社会的使命を果たしながら、車がもたらす楽しさ、喜びをこれからも提供し続けることで、お客様やレクサスに携わるすべての皆様の幸せと笑顔に貢献してまいります。今年発表する2車種の新型モデルを皮切りに、多様化するお客様のライフスタイルに彩りを添える愛車として、新しい価値を提供するモデルを続々と投入してまいります。モビリティ社会の未来を創るという強い意志を持ったこれからのレクサスにどうぞご期待ください」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事