マセラティ新型MC20「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞

Maserati

モデナ発-マセラティの新型MC20が、レッド・ドット・デザイン賞の2021プロダクトデザイン部門にて「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞した。

レッド・ドット・デザイン賞は、ドイツのデザインセンターが運営する国際的なデザインコンペティションだ。1955年に創設されて以来、世界中の最も美的且つ刺激的、また、機能的で知的、さらには革新的な製品を評価・選定している。

この権威あるコンペティションは、常に変わる社会の文化的背景に合わせて評価基準を更新し、毎年、製品やブランドのデザインおよびコミュニケーションの分野において、世界レベルで優れた作品を表彰している。ファッションからアクセサリー、家具から自動車まで、約50の異なるカテゴリーの中から、国際的な専門家からなる50人の審査員が製品を選出する。

マセラティのCEOであるダヴィデ・グラッソは受賞にあたり次のように述べている。

「私たちは、マセラティの新時代を告げる車として、未来に記憶されるような車を開発することを目標としてMC20の開発に力を注いできました。そして、MC20でその目標を達成できたと思っています。マセラティは、設立以来かわらぬ革新性、情熱という原動力、ユニークなデザインによってブランドを形成してきました。新しいスーパースポーツカーは、これらの価値をすべて体現しており、ブランドの歴史における新たな時代の幕開けとなるモデルです」

また、マセラティデザイン部門の責任者であるクラウス・ブッセは「私たちチームは、このユニークなプロジェクトに尽力をしたことで、マセラティの歴史に新たな章を開く車を生み出しました。この仕事が評価され、誰もが憧れる栄誉を受けたことを光栄に思います」と述べている。



トリノのチェントロ・スティーレ・マセラティ(マセラティデザイン・センター)がデザインしたMC20は、エレガンスとスポーツ性を兼ね備え、マセラティ・ブランドの新たな時代を切り開く、真のマスターピースだ。

性能を重視した結果、洗練されたエアロダイナミクスと独特のラインを持つ、個性的な車が誕生した。この新しいスーパースポーツカーは、マセラティの考えるスピードを純粋なまでに表現している。それ自体が彫刻作品のような美しさであり、そしてブランドの美しい未来を示している。バタフライドアは、美しいだけでなく、人間工学に基づいて設計されており、キャビンへの最適な出入りを可能にしている。

マセラティ・イノベーション・ラボで開発され、歴史あるモデナ工場で製造されたマセラティMC20は、正真正銘の「メイド・イン・イタリー」の車といえるだろう。

最高出力630psのV6ネットゥーノエンジンを搭載し、0-100km/h加速は2.9秒以下、最高速度は325km/h以上を実現。この特許取得済みのエンジンは、構想、開発、設計、製造のすべてをマセラティが行い、F1エンジンに由来するプレチャンバー燃焼技術を採用している。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事