トゥミ×マクラーレンのコラボアイテムが登場|世界を巡るF1チームを支える旅道具

McLaren

トゥミが、ラグジュアリー・スーパーカーメーカーおよび Formula 1チームのマクラーレンとコラボレーションした新カプセルコレクションを発表した。

世界各国で開催されるイベントやレースに参加するため、年に数千マイルの移動をするマクラーレンのデザイナー、エンジニア、そしてレーシングドライバー。彼らの旅路を支えるトラベルバッグ。世界中を「スピード」で魅了するマクラーレンをインスピレーションに、優れた耐久性を誇る新しいコレクションが誕生した。

トゥミは45年にわたり、世界中のトラベラーの旅をより快適なものにするために、革新性や機能性、耐久性 そしてデザインにこだわり、高い評価を得てきた。2019年にパートナーシップ提携が発表され、トゥミのクリエイティブ・ディレクターであるヴィクター・サンズと、マクラーレンのデザイン・ディレクターのロブ・メルヴィルは、エレガントなビジネス、トラベル、デイリー用品として、ラグジュアリーなカプセル・コレクションを生み出した。どのアイテムもシンプルでありながら、移動中のあらゆる状況に対応できるようにデザインされている。

トゥミは 自動車からスポーツまで、あらゆるフィールドからデザインの着想を得てきた。特に最先端テクノロジーとデザインを際限なく融合するマクラーレンからのインスピレーションは絶大だ。

両ブランドは「さらなる高みを目指す」というビジョンをともにしている。トゥミとマクラーレンが共有する精神を体現したカプセル・コレクションは、全9アイテムで構成され、それぞれにマクラーレンのスーパーカーやレーシングカーの要素が取り入れられた。また どのアイテムにもマクラーレンの象徴であるパパイヤカラーをハイライトに、CX6®️カーボン・ファイバーをアクセントとして使用している。



メインのトラベルバッグは、「エアロ」インターナショナル・エクスパンダブル・4ウィール・キャリーオンと「クァンタム」・ダッフル。キャリーオンはハイブリッドな素材で作られており、レーシングカーに使われる耐摩耗性の極めて高い熱可塑性複合素材 Tegris®を使用。ハードシェルとは対照的なファブリックのフロントパネルは、スーパーカーにインスパイアされたデザインだ。

バッグの中身を保護するための、このようなソリッドな作りにも、マクラーレンのスーパーカー・デザインの要素が散りばめられている。内装のコンプレッション・ストラップは、限定仕様の McLarenSenna GTR のようなサーキット専用モデルやレーシングカーなどの6点式レーシング・ハーネスから着想を得たものだ。

「ヴェロシティ」バックパックは、1日中電源を保てるように、USBポートやパッド入りラップトップ・コンパートメントを備える。また、トゥミの特徴である、アド・ア・バッグ・スリーブを用いて、同コレクションのキャリーオンと組み合わせることも可能だ。

身軽でモダンな「トルク」スリングと「ルミン」ユーティリティ・ポーチ、「オービット」スモール・パッキング・キューブ、「トレース」エクスパンダブル・オーガナイザー・アクセサリー、スプリットコンパートメントタイプの「テロン」トラベル・キットは、携帯性が高く、旅先でいつでもすぐに取り出すことができる。

コレクションは 3月31日から TUMI.com、各国のトゥミ直営店および限定店舗、一部のマクラーレン正規販売代理店をはじめとし、世界中で販売されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事