B.R.Mが全日本スーパーフォーミュラ選手権の協賛パートナーに

B.R.M

フランス「B.R.M」の日本輸入総代理店のViron Japan株式会社が 2021年度、新たに国内最高峰の「全日本スーパーフォーミュラ選手権」協賛パートナーに就任した。この協賛によって、2021年度全日本スーパーフォーミュラ選手権では最速の栄誉を称えるべく「B.R.M ポールポジション AWARD」を制定、大会毎のポールポジション獲得者には各サーキットのコース図がデザインされた B.R.M 特製クロノグラフが贈呈される。

開幕戦でポールポジションを獲得したNo.16 野尻智紀選手(TEAM MUGEN)

また、2021年度シリーズドライバーチャンピオンのために、世界で唯一の B.R.M 特製クロノグラフ時計がデザイン・設計・製作され、2021年度全日本スーパーフォーミュラ選手権チャンピオン獲得した選手に「B.R.M シリーズドライバーチャンピオン AWARD」として贈呈されることになる。

Viron Japan株式会社代表取締役社長 日高俊浩氏(左)、同社代表取締役CEO 滝川聡氏(中)、JRP倉下社長(右)

フランスの高級時計メーカー「B.R.M」は、2003年にフランスで創業され、創業者であるベルナール・リシャール氏は、自らモータースポーツに情熱を注ぎ、世界各国のモータースポーツシーンを応援している会社である。マリオ・アンドレッティ一家をはじめ、インディカードライバーの多くがそのパーソナルな支援を受けており、フランスの若手育成カテゴリーや、マレーシア、セパン・サーキットのオフィシャルパートナーとしても協賛している。



日本では、KJホールディングス株式会社が設立した Viron Japan 株式会社が「B.R.M」ブランドのハンドメイドウォッチを取り扱う日本輸入総代理店となる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事