新車時価格はフェラーリ250GTとほぼ同額!マセラティ3500GTスパイダーを再評価する

Maserati Spa

これまで、裕福なコレクターやクラシックカーの熱烈な愛好家たちは、ゴージャスなマセラティ3500GTスパイダーのことを過小評価していたようだ。希少性、スタイル、美貌、ある程度のレースの血統性を備え、究極のシンデレラクラスのクラシックさを持ち合わせているといえるだろう。このエレガントなコンバーチブルGTが今また評価されている。

ミケロッティによるデザイン、ヴィニャーレ製造の3500GTスパイダーは、1957年のトゥーリング製3500GTから進化して1960年に本格生産が始まった。マセラティ社初の本当の意味でのロードカーのシリーズで、同社を救った車でもある。1957年にファンジオが250Fを駆ってマセラティ最後のF1世界チャンピオンとなったが、資金は底をついていた。マセラティのチーフエンジニア、ジュリオ・アルフィエーリはかつてこう語っている。

「以前の我々の最優先事項はレースに勝つことだった。でも1957年終盤から、生き残ることが目的になってしまった。闘いの場が、レース場からショールームへなってしまったのさ。幸運にも、あの車(3500GT)は発売直後から大人気で、およそ2000台が売れた。このタイプの車としてはかなり多い台数だ。後悔するつもりはないけれど、私は3500GTをとても誇りに思っている」

この車の3.5リッターのアルミニウム製ツインカムツインプラグの6気筒エンジンは、基本的には350Sの220馬力のレース用エンジンのチューンダウン版だった。そしてGTクーペが大成功となり、(モナコ公の)レーニエ3世、(米俳優の)トニー・カーティスやロック・ハドソンらに販売された。



1960年に入るとヴィニャーレGTスパイダーが登場し、せり上がったリアウィングのラインが、フェラーリ250GTカブリオレやカリフォルニア・スパイダーと比較された。1959年からオプション装備となった、フロントのダンロップ製ディスクブレーキは1960年に標準装備となり、ZF製5段ギアボックスなどの新要素で、モデルとしての魅力が増していった。1962年のGTIモデルに搭載されたルーカス製フュエルインジェクションにより、235馬力にパワーアップし、 0-60mphは8秒以下、トップスピードは137mphとなった。とはいってもGTクーペほどは速くはないのだが、スチールボディのスパイダー(ボンネットとトランクリッドはアルミニウム製)は、ホイールベースが4インチ短くなったとしても、アルミニウムボディのクーペ、トゥーリング製スーパーレッジェーラよりも140kgも重いためだ。

スパイダーの生産台数については諸説あるが、だいたい242台といったところだ。著名人の所有者には、モロッコ国王や、イージーなスタイルがリラックスしたアートになった、ディーン・マーティンらがいる。「キング・オブ・カジュアル」なコンセプトは、華麗かつエレガントで気兼ねのないこのマセラティにうってつけだった。他のイタリア車のような気負いや押しの強さ、挑戦的な雰囲気とは無縁だったといえよう。フランク・シナトラを連想する、とでもいえばよいだろうか。



これでお分かりだろう。ヘイター(批判する人)達は硬いリアアクスルやチューブ型シャシーがとても原始的だと悪く言うかもしれない。しかし、あなたが気にするならば、(まぁディーン・マーティンなら間違いなく気にしないだろうが)、それは先代のA6モデルのレース由来のものであると、大げさに言っておけばいいのである。実のところ的外れでも、気にしなくていい。なぜなら、ディーノには絶対に電動ウィンドウがあった方が良かっただろうし、ベガスのカクテルバーのような輝きを放ちながら並ぶクロームリム付きのガラス製ダイヤルと上品なレザーの内装であればより好まれたであろう。

実は他にも際立った特徴がある。発売当時、マセラティ3500GTヴィニャーレ・スパイダーの新車価格は、フェラーリ250GTカブリオレやカリフォルニア・スパイダーとほぼ同じだったのだ。それが今なら、それらよりはるかに少額で手に入れることができる。

価格について
新車時
1960年のイギリスにおけるマセラティ3500GTスパイダーの価格は、6165ポンドだった。6326ポンドのフェラーリ250GTカリフォルニア・スパイダーよりほんの少しだけ安かった。フェラーリ250GTカブリオレは、実はこの中では一番高額で、6577ポンドだった。時代は変わったものだ。

1980年代
1980年後半の価格高騰期には、マセラティ3500GTスパイダーとフェラーリの同等車たちの価格には大きく差ができ、マセラティの方は最高でも5万ポンド程度であった。一方、高騰を過ぎても、フェラーリ250GTカブリオレは市場で5回以上も持ち主が変わるような(売買が繰り返される)状況であった。その頃には、カリフォルニアは100万ポンドを優に超える価格となっていた。

その後
1990年後半以降、2000年代終了までマセラティはアイドリング状態、フェラーリはさらに加速するといった様相だった。2010年頃になってやっと、フェラーリは一定の周期に留まり、マセラティの枷が外れ始めた。300万ポンド以上のカリフォルニア・スパイダーSWBや、半額で50万ポンドのS2カブリオレと比較すれば、20万ポンドのマセラティはとてもお買い得であることが、やっと認知され始めたのだ。2013年後半には、マセラティ3500GTiスパイダーがオークションで予想より大きく上回る60万ポンド近くで颯爽と落札され、注目を集めた。


文:Dave Selby 編集翻訳:オクタン日本版編集部

文:Dave Selby 編集翻訳:オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事