ベントレー・オープンの最高峰モデルがデビュー!|クーペ並みの静粛性を誇り、最高速度は335km/h!

Bentley Motors

ベントレーモーターズは、新型コンチネンタルGTスピードコンバーチブルを発表した。第三世代となるコンチネンタルGTシリーズの最高峰モデルとして、6.0リッターW12 TSIエンジン改良版を搭載。このエンジンは従来モデルより最高出力を24PS向上させて659PSを発揮。0-100km/h加速3.7秒、最高速度335km/hというスペックを誇る。



この新型コンチネンタルGTスピードコンバーチブルについては、その設計からエンジニアリング、ハンドクラフトによる製作にいたるまで、カーボンニュートラルの認証を取得した「ラグジュアリーカーファクトリー」で行われるという。4輪操舵システムの「オールホイールステアリング」やエレクトロニックリアデファレンシャル、またオプションとなるカーボンセラミックブレーキなどの高度なシャシー技術によって、敏捷性あふれる走りを実現している。



コンチネンタルGTスピードコンバーチブル専用の幌はZ型に折りたたまれる最先端の構造を採用しており、オープン・クローズともに19秒で開閉が可能となる。遮音材や密閉システムの改良と音響処理により、従来型と比較しての騒音レベルが3デシベル低減させている。





走りの良さを追求するベントレーには、ダイヤル操作で走行モードを選べる装備が用意されるが、この第三世代のGTスピードコンバーチブルにはより高度なシャシー技術が採用されており、制御性と正確性を格段に向上させているという。ベントレーらしい走りを約束する「ベントレー」モードや、快適性を重視する「コンフォート」モード。そして「スポーツ」モードでは、トルクがリア寄りに配分されるとともに、シフトアップのタイミングを遅らせ、またシフトダウンを早める。これによりドライバーは長くパワーバンドを使えるようになり、より機敏な操作が可能になるという。そしてパワフルな電気モーターによって車体のロールを抑制するベントレーダイナミックライドも採用。これは各アンチロールバー内に搭載されるモーターにより、コーナリングフォースを抑えてボディを水平に保つ機構となる。



ベントレーは内外装色の選択肢が多いことで有名だが、このモデルにおいて幌は英国伝統のツイード柄や、ブラック、ブルー、クラレット、グレーなど7色から選択可能。インテリアはメインレザー15色、セカンダリーレザー11色から選べる。また「ダイヤモンド・イン・ダイヤモンド」キルトおよびヘッドレストに施された「Speed」の刺繍が、コンチネンタルGTコンバーチブルの最強モデルであることを表す。



日本ではすでに受注を開始しており、デリバリーは2021年秋以降となる予定だ。



メーカー希望小売価格は37,300,000円(10%税込)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事