アウディの電気自動車第3弾、Q4 e-tron|コンパクトながら最上位モデルの最高出力は299PS!

AUDI AG./Audi Japan KK

アウディは電気自動車 第3弾となるアウディQ4 e-tronをオンラインで世界初公開した。これはアウディがコンパクトセグメントに導入する初の電気自動車で、先駆的なデザイン、最先端のディスプレイテクノロジー、広々とした室内空間を持ち合わせている。このニューモデルにより、アウディは電動化攻勢を継続的に推進していく。



オンライン ワールドプレミアは、「Celebration of Progress」の一環として、バーチャルプレゼンテーションにより実施された。アウディQ4 e-tronの導入は、アウディブランドにとって、電動化攻勢のさらに重要なステップとなる。コンパクトSUVセグメントに投入されたこのモデルは、SUVモデルのアウディe-tronおよびアウディe-tron Sportback、スポーティなアウディe-tron GTに続く、アウディのEV第3弾となるモデルだ。



モデルラインナップは、2種類のバッテリー容量と3種類の駆動バージョンを用意。Q4 35 e-tronは、52kWhのコンパクトなバッテリーを搭載する一方で、Q4 40 e-tronは、77kWhの大容量バッテリーを搭載している。最上位のモデルQ4 50 e-tron quattroは、4輪駆動システムを搭載し、220kW(299PS)の最高出力を発生します。全モデルともに長い航続距離を誇り、理想的な条件下においてはわずか約10分の充電で約130km(WLTP)を走行することが可能だという。e-tron充電サービスを利用すれば充電も簡単。たとえば、後輪駆動のQ4 40 e-tronは、WLTPサイクルで、最大520kmの航続距離を達成している(ドイツ仕様に基づく記述)。





日常ユースに適した様々な用途に対応するオールラウンダーであり、ゼロエミッションによる走行を実現するこのニューモデルは、2021年6月にヨーロッパで発売される予定だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事