秘蔵のLP400プロトタイプもやってくる!ペブルビーチ・コンクール・デレガンスで祝うカウンタックの50周年

Photo by Kimball Studios

8月15日にアメリカ・カリフォルニア州のペブルビーチで開催されるコンクール・デレガンス2021でランボルギーニカウンタックの50周年を盛大に祝うことが発表された。1966年にフェルッチオ・ランボルギーニがミウラを発表して世を沸かせてからわずか5年後。1971年3月のジュネーヴ・モーターショーに登場したカウンタックのコンセプトカーは人々の度肝を抜いた。それから半世紀が経った2021年、世界的に権威のあるペブルビーチ・コンクール・デレガンスでカウンタックがフィーチャーされる。



「カウンタックはスーパースポーツカーセグメントを再定義し、今日でもすべての現代のランボルギーニに適用されているデザイン言語のアイコンになりました」と、アウトモビリ・ランボルギーニのプレジデント兼CEOであるステファン・ヴィンケルマンは述べている。「これほどの特別なカウンタックが集まることは二度とないかもしれません。ペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、この伝説的なランボルギーニの50周年を祝うのにパーフェクトな場所です」



オリジナルのLP500コンセプトは、安全性を検証するクラッシュテストに使われたため現存していないが、今回のコンクールにはランボルギーニ・ミュージアム(現在のMudetec: The Museo delle Tecnologie of Automobili Lamborghini)が所蔵するLP400の最初期のプロトタイプが展示されることが発表された。2021年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、この最初期モデルから最終モデルの25thアニバーサリーまで、半世紀もの間、人々の心をときめかせ続けているカウンタックの歴史的進化を一堂に見ることができる。

Pebble Beach Concours
www.pebblebeachconcours.net

文:オクタン日本版編集部 写真:Lamborghini

RECOMMENDEDおすすめの記事