四輪操舵採用の812スーパーファスト特別仕様車が登場。その名称は5月5日に明らかに!

Ferrari

フェラーリの最新リミテッド・エディション・スペシャルシリーズの公式写真がワールドプレミアに先立ち公開された。ニューモデルは812スーパーファストをベースにしたスペシャルバージョンで、搭載するエンジンはV12の最新進化型。最高出力はフェラーリのどのロードカーのエンジンも上回る830cv、最高回転数もやはりどのフェラーリICEよりも高い9,500rpmとなっている。



特徴的なソリューションとしては、四輪独立ステアリングの採用が挙げられる。これによってコーナリング時に感じる敏捷性や正確性が拡大されるとともに、ステアリング操作に対する応答性が向上している。

また、エクステリアとコクピットに幅広くカーボンファイバーを使用した点が812 スーパーファストからの車両総重量削減に大きく貢献した。新モデルでは、ビークル・ダイナミクス・システムとして名高い「サイドスリップ・コントロール」のバージョン7.0がデビューする。徹底的なエアロダイナミクスの研究によってボディラインが大きく変わったことに気づく人も多いだろう。ダウンフォースレベルを最大化するために、新しいフロント・エアインテークやリアのディフューザー、エグゾーストの構成はもちろん、リアスクリーンのデザインまで随所に変更が加えられている。







なかでも特徴的なのが、リアスクリーンをガラスではなく一体成形のアルミニウム構造としたことだ。ここに装備するボルテックス・ジェネレーターには、車体の空力効率を高める働きのほか、ルーフと完全に一体となるデザイン・ソリューションを選んだことで、バックボーン的な印象が生まれ、車両の彫刻的フォルムが強調されている。このモチーフに加えて、ボンネットを横切るカーボンファイバー製ブレードも相まって、車両のボリュームに関しては812スーパーファストとは異なる印象を与える。ボンネットが短くなったように見えることで車体の横幅が強調され、テールはより力強いファストバックとなった。



モデルの名称はまだ明らかにされていない。5月5日中央ヨーロッパ夏時間14:30(日本時間21:30)にフェラーリのSNSチャンネルでライブ配信をされるイベントで発表される予定だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事