ローズウッド ホテルズ&リゾーツが日本初進出|宮古島に2024年開業予定

ローズウッド 宮古島

風光明媚なスポットがいくつも存在し、「砂山ビーチ」をはじめとした極上のビーチで有名な沖縄県・宮古島に、55棟のヴィラからなる“ウルトラ ラグジュアリーリゾート”が2024年に誕生する。このほど、ローズウッド ホテルズ&リゾーツが、所有者である三菱地所株式会社と運営受託契約を締結したことが発表された。「ローズウッド 宮古島」は、ローズウッドホテルズ&リゾーツにとって日本初進出となる。

ローズウッド ホテルズ&リゾーツは、世界16カ国で27軒のラグジュアリー ホテル、リゾート、レジデンスを展開している。各ローズウッド ホテルでは、それぞれのロケーションの歴史、文化、感覚を反映する、ブランドの「センス オブ プレイス®(A Sense of Place®)」哲学を重視している。

緑豊かなサトウキビ畑を通り抜けてたどり着く『ローズウッド 宮古』もまた然り。白砂のビーチ、ドラマチックな岩層、青い海に囲まれた、人里離れた小さな岬に位置し、日本最大級の珊瑚礁である八重干瀬(やびじ)でのシュノーケリング、海の生物が群れる海中の洞窟をくぐりぬけるダイビングなど、幅広くマリンスポーツを楽しむことができる。

55棟あるヴィラのすべてにプライベートプールとガーデンが設えられ、各ヴィラからは「宮古ブルー」と呼ばれる果てしなく広がる青い海を望む。建築デザインは、家具・インテリアから建築までトータルに手掛け、オランダを拠点に活動する「Studio Piet Boon」が担当、建築やインテリアに、現地の素材をたっぷり使うことで自然環境に溶け込ませ、島との調和を表現する。

リゾートの付近では、波の浸食によってできた隆起サンゴ礁の洞穴と白い砂浜で有名な砂山ビーチ、国指定名勝に指定された東平安名崎、東洋一のビーチと評され、映画のような夕日で有名な全長7kmの与那覇前浜まで、鮮やかな絵画のようなスポットを堪能することができるだろう。地元固有の習慣、文化、方言、料理、民芸品、そして沖縄に暮らす「うちなんちゅ」(沖縄の人々)の趣ある暮らしを目にしながら、極上の時間を過ごしたい。


ローズウッド ホテル グループCEO ソニア・チェンのコメント
「日本で初となるローズウッドがこの特別なロケーションで開業できることに胸を高鳴らせています。ローズウッドのコンセプトである『A Sense of Place』を壮大な環境と豊かな文化の中で表現してまいります。また、三菱地所をパートナーとすることを誇りに思い、この格別な体験を提供するために、私たちに寄せていただいた期待・信頼に大変感謝しています」

三菱地所株式会社 執行役常務 中島篤のコメント
「最高水準かつ卓越したホスピタリティで有名なローズウッドに、日本で初めて運営を依頼できることになり、大変光栄に思っております。その土地の歴史や文化、感性をリスペクトするローズウッドの哲学は、まさにわれわれ三菱地所がまちづくりにおいて大切にしてきたことです。今後、本リゾートを通じて、宮古島のすばらしい魅力が国内外に伝わり、お客様にとって最高のエクスペリエンスとなることを期待しております」

ローズウッド ホテルズ&リゾーツ
https://www.rosewoodhotels.com/jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事