英国のインダストリアルデザイナー、テジ・チャウハンと「ラドー」のポップなコラボモデル

RADO

ラドーより、数々の賞に輝いてきた英国のインダストリアルデザイナーTej Chauhan (テジ・チャウハン)とのコラボレーションモデル、「Rado True Square Tej Chauhan (ラドー トゥルースクエア テジ・チャウハン)」が登場した。

 伝統的な時計作りに切り込み、デザインに重きを置いたコレクションやハイテクセラミックス、超軽量ハイテクセラミックスなど、多彩な素材とアイデアを起用して業界を盛り上げるラドー。そして今回それに交わることとなったのが、形、カラー、マテリアルなどを戦略的に取り入れ、多くの人を魅了する“感情に訴えるインダストリアルデザイン”を得意とする、デザイナーのテジ・チャウハンである。



ベースとなったのは、アイコニックなデザインのTrue Square(トゥルースクエア)。硬いセラミックスを採用して完成した最初のスクエア型モデルだ。その流れるようなスムーズなフォルムは射出成型を使用して創られている。マット仕上げのイエローハイテクセラミックスケースに組み合わせられるのは、ポリッシュ仕上げのダークグレーPVDコーティング ステンレススチールとサファイアクリスタエル、そして特殊エングレーピング。また、文字盤部分はシルバーカラーの同心円が付いたマット仕上げのブラックカラーを採用。ホワイトやネオンレッドにカラーリングされた秒針が独特の存在感を放っている。

加えて3時の位置の開口部にデザインされているタイポグラフィーには日付が表示されるのだが、これはまさにテジ・チャウハンモデルとって特別なアイコンといえる。



そしてこのモデルで最もユニークな点は、9時から12時にかけてのブルーのインデックス部分。これの範囲は“1日のうちで物事が始まる時間”を示しているという。例えば午前中であればオフィスでの勤務。午後、夜の時間帯では外食やパーティーなど、外で過ごす時間帯をイメージしている。視覚的に時間感覚を把握する面白いアイデアだ。

目を引く明るいポップなカラーリングと、込められたストーリー。まさに所有する楽しさを感じられるモデルである。なお、現在伊勢丹新宿店では、発売記念として5月11日までプロモーションを展開中だ。
 


Rado True Square x Tej Chauhan(ラドー トゥルー スクエア x テジ・チャウハン)
11½ ETA C07.611、自動巻、25 石、3針、3時位置にネオンオレンジのデートカレンダー(テジ・チャウハン独自のフォント)、最大80時間パワーリザーブ機能、 防水 5 bar (50 m)、サイズ 38.0 x 48.7 x 10.6 mm(W x L x H)
価格:20万9000円(税込)
発売開始:2021年4月
https://www.rado.com/int_ja/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事