サーフトリップに出かけたくなる車|シトロエンC3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL

CITROEN

シトロエンの大人気コンパクトSUVであるC3 エアクロス SUVに、サーフブランドRIP CURLとコラボレーションした特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」(C3 エアクロス SUV サーフエディション・バイ・リップカール)が加わった。

これは2019年の100周年記念モデル「C3 AIRCROSS SUV Origins」、「C3 AIRCROSS SUV C-Ceries Chic Edition」につづくグローバルな特別仕様車であり、5年に渡るリップカールとシトロエンのコラボレーションで初めて日本市場に投入されるモデルでもある。

C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL:価格は3,059,000円(税込)。

シトロエンとリップカールのふたつのブランドは、ウェルビーイング、レジャー、そして“ここではないどこか”へと人を誘うエスケープというエレメントにおいて共通するものであり、パートナーシップはきわめてナチュラルなものでした。創造、革新、そして冒険への情熱と探求する心という共通の価値観により実現したのが今回の特別仕様車だ。

ボディカラーにグリ アルタンス、ルーフおよびルーフレールはノアール ペルラネラ、そしてアクセントカラーはゴールドを彷彿とさせるリップカール・アルマイト・オーカー・カラー(マットイエロー)。このエネルギッシュなマットイエローは、サーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たもので、ヘッドライトベゼル、ドアミラー、およびブラックの16インチホイールのセンターキャップに採用されている。



ボディサイドには、RIP CURLのブランドロゴが大胆に、そしてあえてコントラストを抑えてフロントドアにあしらわれた。またリアクオーターのC3 AIRCROSS SUVの特徴のひとつであったベネチアンストライプを廃してRIP CURLロゴを入れている。



インテリアも同様に専用のダークグレーファブリックにブラックテップレザーとマットイエローのアクセントを入れ、エクステリアと呼応するかのようにグラフィカルに仕上げられている。さらに通常モデルではファブリック張りとなるダッシュボードはダークグレーのテップレザーを張り、タフなイメージが強調された。





エンジンはあらたに130ps/230Nmにパワーアップされ、くわえてSHINEグレードでパッケージオプションを選択しないと装着されないアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を搭載。FFながらトラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御しSUVとしての本格的な走破性能を発揮するアドバンスドグリップコントロールのサンドモード*を選ぶことで、サーフスポットまでの移動はより確実なものとすることができるだろう。(*アドバンスドグリップコントロールの効果を最大限活用するためにはオールシーズンタイヤもしくはスノータイヤが必要となる)



リップカールは"The Seach" 、つまり探求し続ける人たちのためのブランド。このモデルによって、リラックスと日常からのエスケープをイメージさせるスタイリッシュなライフスタイルをシトロエンは提案していく。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事