クルーザーもシェアリングの時代|AZIMUT80共同オーナーシッププログラムを販売開始

Yacht Life Design

このたび、クルーザーの販売・メンテナンスを手掛ける株式会社 Yacht Life Designから、共同オーナーシッププログラムサービス「Chillaxing Yacht Club」の販売が発表された。美しいシェイプを持つイタリアンボートビルダー「AZIMUT」の本格的なクルーザー「AZIMUT80」の持分を、限定で4名に販売するという。

もちろん、これまでにもクルーザーやボート・ヨットを気の知れた仲間同士でシェアして購入し、所有するケースは存在しており、可能であった。しかし、友人や知人間とはいえ、使用ルールやメンテナンスの役割・負担分の決定、突然の共同オーナー解散など、少なからずのトラブルが発生することもゼロではない。しかし今回、株式会社 Yacht Life Designは、かつての共同所有で起きていたトラブルや問題を徹底的に洗い出し、それらを解消・防止する独自のプログラムを開発した。



このシェアリングサービス「Chillaxing Yacht Club」の費用詳細は、一口1,620万円(税込)、年会費550万円(税込)、預託金250万円(不課税)。11日分の乗組員人件費、保険料、係留費用、メンテナンス・クリーニング費用が、年会費の550万円にサブスクリプションという形ですべて含まれている。

また、会員制のシェアリングサービスでありながら、登記は持分を購入したオーナー名で登録。保険に関してもエンジン熱付き保証付きのものに加入しているという。

AZIMUT80のヘルム部分。

AZIMUT80のメインサロン。

気になる利用方法は、クルーザーの使用希望日をクラブ運営事務局に連絡し、当日港に向かうだけ。給油や掃除、出港前のメンテナンスなどは、すべてクラブ運営事務局が担ってくれるという。また、必要であれば天候や季節に応じたクルージングプランのアドバイスや、パーティー用にケータリングの手配なども依頼することができる。

より気軽に、そして便利に所有できるこのシステム。オーナーとなり、海上でのラグジュアリーな時間を堪能してみてはいかがだろうか。



株式会社 Yacht Life Design
TEL:03-6822-3717
https://yachtlifedesign.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事