異色のコラボ!? マセラティが藤原ヒロシと創り出すあたらしい価値とは

Maserati

藤原ヒロシ氏は、世界的に有名なクリエイターであり、ストリート文化を牽引してきた「フラグメントデザイン」を率いる人物だ。これまで世界中のアーティストとコラボレーションを実現してきた藤原氏が新たにコラボレーションするのは、マセラティである。



マセラティのもつ革新性、デザイン、情熱が、藤原氏とのコラボレーションによりアートやポップカルチャーの世界と融合する。その結果として生み出されるのは、単なるクリエイティブな共作ではなく、「フラグメントデザイン」と「マセラティ」という異なるふたつが互いに入り込んで生まれた、2つのアイコンの融合ともいえる作品だ。

マセラティのCMOであるパオロ・トゥビトは今回のコラボレーションにあたって、次のように述べている。
「ブランドの新時代の幕開けとともに、マセラティは異端な存在であるということを改めて印象付けました。このモデルでは自らのルールを破り、インターナショナルかつコンテンポラリーな空気感を纏っています。マセラティは本質的に革新的であり、情熱によって動かされ、ユニークなデザインという特徴を持っています。だからこそ車とは異なる世界からのインスピレーションを受け入れることにも寛容であり、藤原ヒロシ氏とのコラボレーションでは、私たちの明らかな変化、真のユニークさを持つ存在であることを証明します」

藤原ヒロシ氏は次のように語っている。
「マセラティの本拠地であるイタリアのモデナを訪れたとき、ブランドの伝統に非常に惹きつけられ、特にマセラティ車のフロントグリルが長年にわたって進化してきたことにとても感銘を受けました。デザインセンターでは、さまざまなスケッチや素材、スタイルスタディ、細部へのこだわりに魅了されました。私は長い間、車に夢中でした。車とのコラボレーションを行うのは初めてですが、そのパートナーがマセラティであることをとても嬉しく思っています」



日本人クリエイターとトライデントブランドの創造的な旅は、藤原ヒロシ氏がマセラティの故郷であるモデナ、そして現在と未来のマセラティモデルがすべてデザインされているデザインセンター チェントロ・スティーレ・マセラティを訪れたことから始まった。そこでは、藤原ヒロシ氏が自身の目でマセラティの進化を観察し、ユニークで象徴的なデザイン、色や素材に関する徹底したこだわり、物語を呼び起こすアーティスティックなディテール、そして最先端のエンジニアリング・イノベーションを発見し、インスパイアされた。マセラティの歴史を構成する様々な要素を解釈して、「Fragment x Maserati」が生まれたのだ。マセラティのスポーツカーモデルの系譜に、藤原ヒロシ氏が独特のヒネリを加え、ふたつのブランドから新たなビジョンが生まれた。

マセラティは、このユニークなコラボレーションによって、これまでの常識を覆すだろう。藤原ヒロシ氏は、マセラティのキャラクターをストリート・カルチャー・スタイルのレンズを通して翻訳することで、芸術的に新たな解釈を与えたのである。両者のパートナーシップにより、マセラティギブリハイブリッドをベースにしたリミテッドエディションが間もなく実現する。このリミテッドエディションの公式発表は、2021年6月24日に東京で行われる予定だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事