ウブロ、100名のオーナーに支援を呼びかけ|絶滅危機のサイを救うため

HUBLOT

絶滅の危機に瀕しているサイを救うため、ケビン・ピーターセンによって設立されたSORAI (Save Our Rhinos Africa and India) とパートナーシップを結び、応援を呼びかけているウブロ。本年も団体支援のため、世界限定モデル「ビッグ・バン ウニコ SORAI」を発表した。

現在、世界に生息する5種類すべてが絶滅の危機に瀕している「サイ」。後を絶たない密猟者によって親と離れ孤児となって残されたサイの赤ちゃんたちに、自分たちの力だけで生き延びるチャンスはほとんどないという。



世界最大のサイの孤児院および保護団体であり、2001年にペトロネル・ニヴォウッツが設立したCare for Wildは、こうしたサイの赤ちゃんを救出し、安全な環境で保護・飼育をし、守っていく活動を続けている。今回、その活動を支援するべく、新作モデルの売上の一部は、SORAIが支援するCare for Wildに寄付される。

本モデルのオーナーになるということは、ウブロのオーナーであることに加えて、上に記述した支援に関心を持ち、サポートし合う仲間になるということでもあるのだ。


裏面のサファイアクリスタルにスペシャルエディションの刻印が施されている。

これに関してウブロCEOリカルド・グアダルーペは「国際自然保護連合(IUCN)は、生物多様性の危機を解決するためには国際的、国家的、地域的なパートナーの協働が不可欠であると述べています。絶滅危惧種の保護、特に重大な絶滅の危機にあるアフリカサイの保護のために現地で働く人の声を大きく取り上げるのは、私たちの義務です。ウブロは、私たちの未来に不可欠なこの活動を行うケビン・ピーターセンとSORAIを支援できることを大変誇りに思います」と語っている。



「ビッグ・バン ウニコ SORAI」で使用されるのはウブロが独自で開発した「ウニコ」マニュファクチュールムーブメント。また、それに合わせて夏の茂みのようなグリーンのセラミックケースを採用している。ストラップはカモフラージュ柄ラバーストラップとベルクロストラップの2種類が用意されている。

なお、本モデルは100本限定の特別モデル。2021年5月30日(日)まで「ウブロ e-ブティック」にて先行販売中だ。


ビッグ・バン ウニコ SORAI
自社開発・製造 MHUB1242 ウニコマニュファクチュール自動巻きクロノグラフ、コラムホイール式フライバックムーブメント(振動数 28,800 回/時)、パワーリザーブ約72 時間、ケースサイズ45mm、10気圧防水
価格:281万6000円(税込)



HUBLOT
https://www.hublot.com

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事