JBLの75周年モデル|リアルウッドで仕上げられたリミテッド・エディション「L100 Classic 75」

JBL

アメリカ、カリフォルニアで生まれ、今年創立75年を迎える世界最大のオーディオブランド、ハーマンインターナショナル株式会社。同社の人気ブランドであるJBLより、JBL創立75周年モデル「L100 Classic 75」が発売される。本モデルは2018年登場した世界的にファンの多い既存モデル「L100 Classic」をベースにした特別版。JBLの歴史上で最大の販売実績を誇ったスピーカーシステムである。



今回発売する75周年特別モデルで注目すべき点は、エンクロージャーのすべての面を美しいチーク材によるリアルウッド突板で仕上げられている点だ。新たにウッドフィニッシュが施されたフロントバッフルには、ゴールドとブラックのJBLロゴがアクセントになったブラックのQuadrexフォームを採用。チーク材のウッドフレームで縁どったグリルが装着されている。



また、背面には、JBLチーフ・システムエンジニアである“Chris Hagen”の署名と、シリアルナンバーが刻印された記念プレートが装着され、アニバーサリーモデルらしい特別な仕様となっているのだ。なお、本モデルは「マッチドペア・システム」として販売されるため、スピーカースタンド「JS-120」がペアで同梱される。気になる生産台数は全世界で750セットのみ。そのうち日本では50セットの販売を予定しているという。

L100 Classic 75専用コンテナボックス

L100 Classic 75
300mm径3ウェイ・ブックシェルフ型
低域ユニット: 300mm径ピュアパルプコーン・ウーファー
中域ユニット: 130mm径ピュアパルプコーン・ミッドレンジ
高域ユニット: 25mm径チタンドーム・ツイーター
推奨アンプ(rms): 25~200W
公称インピーダンス: 4Ω
出力音圧レベル(2.83V/1m): 90dB
周波数特性(-6dB): 40Hz~40kHz
クロスオーバー周波数: 450Hz、3.5kHz
入力端子: 金メッキ・バインディングポスト型デュアルターミナル
エンクロージャー形式: フロント・バスレフ方式
キャビネット仕上げ: チーク・リアルウッド突板仕上げ
外形寸法(W×H×D)mm ※グリル/スタンド含む: 390×824×362
本体重量 ※グリル/スタンド含む :35.1kg
梱包重量 ※ウッドコンテナ含む: 129.2kg
発売日: 2021年夏
価格: 75万円(税込)

JBL
https://jp.jbl.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事