客室のリビング中央に温泉?|創業90周年を迎える扉温泉明神館

扉温泉明神館

長野県松本市に宿を構える老舗旅館「扉温泉明神館」が、本年創業90周年を迎える。これを記念し、同旅館は客室の改装を実施。神話をモチーフにした新しい客室が誕生した。これは、2019年にデビューした新客室カテゴリー“然”シリーズの第4室目となっており、「〜然 - SPA Living〜」と名付けられた。

「然」シリーズの客室コンセプトは、“ありのままで”。自然の中で過ごしているような感覚を大切に造られたこのシリーズの各部屋は、訪れるゲストの心と脳を癒しリセットしてくれる、そんな場所を目指している。



今回の客室、~然 - SPA Living~では、このシリーズの中でも自然のみならず神話からもインスピレーションを拝借している。

神話扉伝説で、天之手力男神様がこの扉の地に降り立ち、 湧き出るお湯に浸かり、疲れをとり癒されたという話から、リビングの中央に浴槽を配置。他にない大胆なアイデアで、部屋の中にいながらも、開放的な入浴を体験できるのだ。



日本らしく、またモダンな印象もあるこの部屋の中央で、お湯の流れる音に耳を傾けながら、瞑想を行う。誰にも邪魔されず、自分と向き合う贅沢な時間になることだろう。

また、居間の畳スペースには、現代風にベッドを配置。アンティーク風の照明がベッドサイドを優しく照らしてくれる。




広緑の空間には然シリーズお馴染みのフラットレベルのソファーを起用。足を伸ばしてリラックスしながら、窓の外の自然を近くに感じることができる。

なお、宿での食事は、和食レストラン TOBIRAダイニングとフレンチレストラン ナチュレフレンチより選択が可能。どちらも事前予約制だ。


扉温泉明神館
http://www.tobira-group.com/myojinkan/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事