ジャガーI-PACEが、EV初のGoogleストリートビュー用車両に

Jaguar Land Rover

ジャガー・ランドローバーがGoogle社とパートナーシップを組んだ。ジャガーのフルバッテリー電気自動車(BEV)「I-PACE」が、EVとしては初めてGoogle ストリートビュー用車両に採用されたのだ。

このパートナーシップは、サステナビリティに富んだモダン・ラグジュアリーの再構築、ユニークなカスタマー・エクスペリエンスの提供、ポジティブな社会的インパクトの創出、そして 2039年までに排出ガス量実質ゼロの実現を目指すという、ジャガー・ランドローバーの「REIMAGINE」戦略の一環として始動したものだ。

Google社がダブリン市と提携し、I-PACEを使用して、大気質の測定をしながらストリートビューを作成する。排出ガスを一切出さないI-PACEには、窒素酸化物(NO2)、二酸化炭素(CO2)の排出量や微粒子(PM2.5)を含む、ダブリン市内の大気質を街路ごとに測定するための大気質測定センサーと、Google ストリートビューのマッピング・テクノロジーを搭載し、情報収集に使用されるという。



Aclima社が開発した特殊な移動式エアセンサーを装備したI-PACEはダブリン市内ですでに稼働しており、今後12カ月間にわたり大気質のデータを取得する。これらのデータは Google社の科学研究パートナーが分析し、街路レベルでの大気汚染状況のマップ作成に活用されていく。

ジャガー・ランドローバーのエンジニアたちは、ストリートビューカメラ用のルーフマウント、配線に対応するリアウィンドウガラス、Google ストリートビューのコントロール装置を組み込んだ車内のスイッチ類などを新たにデザインし、各種技術をI-PACEに搭載した。乗員の快適性と健康を考慮して空気イオン化テクノロジーと PM2.5 フィルターも装備されている。

ジャガー・ランドローバーは業界のリーダーたちと連携し、サステナビリティをさらに高め、排出ガス量を低減するとともに、次世代技術、データ、ソフトウェアの開発における成功事例の共有を行っていくという。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事