7月は「ハーレー月間」!密を避ける形での常設型ライダーイベントを箱根で開催

Harley Davidson

ハーレーダビッドソン ジャパンが、全国のハーレーファンが集う新たな常設型ライダーイベント「Harley Month」を、2021年7月1日(木)~31日(土)までの期間、バイカーズパラダイス南箱根(静岡県田方郡函南町桑原1348−2)にて開催する。

これまでは、最大10,000台規模のモーターサイクルが日本全国から集結する日本最大級のライダースイベント『BLUE SKY HEAVEN 2021』が開催されていたが、新型コロナウイルス感染症の影響でこのイベントは延期となってしまった。その代替として、従来の「いちどに、まとめて」集う形式から、新しい様式の「いつでも、分散して」楽しむ形に変えて実施されることになったのが、この「Harley Month」である。7月の約1カ月間にわたり、ライダーの"聖地"のひとつでもある富士・箱根エリアを舞台に、期間中の毎週末に参加型の催しを行うことが予定されているほか、ハーレーダビッドソン2021年モデルの常設展示も実施される。



屋外で密を回避できる旅の手段として、モーターサイクルの自由さ・楽しさには注目が高まり続けている。分散来場を推進する背景から、平日に来場した場合はアンケートへの協力でGate Cost (バイカーズパラダイスの施設運営協力費)が無料となる特典も付帯するなど、新しいライフスタイルに合わせた配慮がなされたイベントだ。


Harley Month
主催: ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社
日時/会場: 2021年7月1日(木)~31日(土)/バイカーズパラダイス南箱根
内容:
1 ハーレーの世界観を堪能できる「テーマデー・イベント(仮称)」
2 ソフテイル、ツーリング、パン アメリカ各ファミリーなど2021年モデルの展示
3 平日Gate Cost無料の特典をアンケートに協力頂いたご来場のお客様にプレゼント
※期間中H.O.G.会員はカード持参で平日・休日問わずいつでもGate Costを無料
4 期間中、特別限定コーヒーを販売
Gate Cost: 2輪/3輪 500円 (バイカーズパラダイスの施設運営協力費)
備考: 緊急事態宣言の発出などに応じて、開催内容の変更または中止となる場合があります

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事