レース界のスター、リスター・コスティンの「最後の1台」が販売中!

BELL SPORTS AND CLASSIC

ベルスポーツ&クラシックが、リスター・コスティンのシャシーナンバーBHL135を販売すると発表した。歴史に残るレーシングカーを手に入れるまたとない機会だ。

1959年にリスター・ファクトリーで製造されたBHL135は、リスター・ジャガーの世界的な愛好家であるピアソンエンジニアリング社によって30年以上にわたって管理されてきた。同車の最近の活躍として挙げるとすれば、50年代後半のスポーツカーの代表的な国際レースシリーズである2019年のスターリング・モス・トロフィーでの優勝だろう。ポルトガルのポルティマオで開催されたチャンピオンシップの最終レースで、BHL 135は1周以上の差をつけてフィニッシュした。著名なヒストリックレーサーであるクリス・ウォードは、これまでに参戦したどのリスターよりも1周あたり1秒も速く走らせ、このBHL135は「ヨーロッパ最速のリスター」という称号を得た。



BHL135は、ピアソンエンジニアリング社によって継続的に完璧なメンテナンスが施されている。FIA HTP(ヒストリックテクニカルパスポート)を取得しており、グッドウッド・リバイバル、ル・マン・クラシック、シルバーストン・クラシックなどのヒストリックレースに参加することも可能だ。

天才エンジニア

天才的なエンジニアであり、レーシングドライバーでもあったブライアン・リスターに率いられたリスターは、1954年から1959年までの間、短期間ではあったが、レースの世界でスターとして輝きを放っていた。アーチー・スコット・ブラウンのレースで有名になったリスターは、1950年代を代表する自動車メーカーとなったのだ。



1958年のシーズンには、リスターは改良型のマシンを発表した。このマシンは、軽量アルミニウムのボディのユニークな形状から、「ノーブリー」という愛称で呼ばれた。スターリング・モスは、このマシンで1958年のシルバーストーンで優勝し、その後モスはこのマシンを振り返って次のように述べている。
「勝者を相手にしていると、いつもとても誇らしい気持ちになります。この車は他の誰にも負けない車でした」

しかしスコット・ブラウンは同年、ベルギーのスパ・フランコルシャンで「ノーブリー」のハンドルを握って事故に遭い、悲劇的にも命を落とすこととなる。



チャンピオンからの賞賛

スコット・ブラウンの死に大きな影響を受けながらも、ブライアン・リスターは1959年のシーズンに向けてレーシングカーの開発を続け、空気力学の権威であるフランク・コスティンの協力を得た。当初の計画では、コスティンと彼のアシスタントであるデビッド・ベノイが製作した美しい流線型のボディを、軽量で剛性の高いマルチチューブ・スペースフレームの新シャシーに搭載する予定だった。

しかし、この計画はあまりにも高度で、時間的余裕がなかったため、新しいコスティンのボディは、改良されたツインチューブのラダー「ノッブリー」シャシーに搭載された。



ジャガー製3.8リッターエンジンを搭載したリスター・コスティンは、ジム・クラークをはじめ、各方面から高い評価を得た。

グッドウッドでは、ワークス・リスターのドライバーであるアイボア・ビューブが開発の多くを担当し、チチェスター・モーター・サーキットで開催されたサセックス・トロフィーでは優勝を果たした。

本物のシール

リスターが製造したコスティンボディのプロダクションカーはわずか14台で、BHL135が最後の1台となった。ちなみにリスターのシャシー番号BHL136は、フランク・コスティンが設計したスペースフレーム・シャシーを採用したフィクスト・ヘッド・クーペである。



ブライアン・リスターが製作した最後の車の多くがそうであったように、BHL135もエンジンを搭載せずにアメリカに出荷され、シボレー製のパワーユニットが搭載されたと思われる。

しかし1987年に英国に戻ってからは、ピアソンエンジニアリングのジョンとゲイリー・ピアソンによって、スコット・ブラウン、モス、ブーブ、クラークらが駆ったリスター・コスティンとほぼ同じジャガーの3.8リッター・レース仕様のエンジンが搭載された。



この車は、ヒストリックレーシングカーの専門家であるCKL Developments Ltd.に持ち込まれ、シャシーのオフサイド、ショックアブソーバー取り付け部の上というおなじみの場所に、リスターオリジナルのフォントで正しいBHL 135のスタンプが押されていることが確認され、本物のBHL135であることが証明された。また、クリス・キース・ルーカスは、溶接担当であったボブ・ゴートソープの”くせ”が随所に見られることもこの車が本物である証だと述べている。



ベル・スポーツ&クラシック社のマネージング・ディレクター、ティム・カーンズは次のように述べている。
「このようなアイコニックな車を販売できることを光栄に思います。工場で製造された最後のリスター・コスティンとして、BHL135は、1950年代後半のスポーツカーレースの時代に終止符を打ち、英国のモータースポーツの歴史の中でも特に重要な瞬間を象徴しています。この車の美しいライン、崇高なハンドリング、ジャガーの3.8リッターエンジンは、非常に特別です。2019年のスターリング・モス・トロフィーで優勝し、ポルティマオでは1周以上の差をつけてトップに立ったことからもわかるように、BHL135が本領を発揮する準備は万端です」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事