職人や文化人、知識人が語る、ベントレーの価値

Bentley

ベントレーモーターズのホームページに、目新しいコンテンツが掲載されている。職人や文化人、知識人が、それぞれの視点でいまのベントレーを感じたままに語るというものだ。ベントレーはご存知の通り、すでに2018年にはブランド創業100周年を祝い、そして今年2021年は実際に自動車製造から100年目を迎える大きな節目となっている。単純の豪華で高級な自動車を目指してきたわけではないことは、黎明期から現在に至るまでのモータースポーツとの関わりで明らかだが、その間に培ってきたベントレーの価値は、インタビューを受けた人間にはどのように映っているのだろうか。

1人目は土井地 博氏。BEAMS執行役員 コミュニケーションディレクターであり、国内外の企業や組織、ブランド、人などと次世代に向けた新たなビジネスモデルを構築することを得意としている。


2人目は菅野敬一氏。世界中のセレブリティが熱望するハンドメイドのアルミ二ウム製オリジナルプロダクト「AERO CONCEPT」を展開している匠である。その仕上がりは、まさに唯一無二といえるもの。


3人目は様々な分野でクリエイティブディレクターとして活躍する前田陽一郎氏。元LEON編集長であり、ライフスタイル全般に造詣が深く、バイクからクラシックスポーツカーまで乗り物への愛情は深い。


彼ら3人が語る、それぞれのベントレー。ここで挙げた記事以外にも、ベントレーモーターズ公式サイト内「THE BENTLEY STORY」にはベントレーの歴史や英知が詰まっている。ベントレーオーナーならずとも、ためになるアーティクルである。

THE BENTLEY STORY
https://www.bentleymotors.jp/world-of-bentley/the-bentley-story/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事