「広島らしさ」を表現した特別なフェラーリの3つのテーマとは?

Ferrari

2021年6月29日、フェラーリ・ジャパンは、中国四国エリア唯一のフェラーリ正規ディーラーM-Auto Italiaの20周年記念特別テーラーメイドモデル、F8 トリブート「ALLEGGERITA CARBONIO 35.6」を発表した。

M-Auto Italiaは、記念すべき20周年の節目に特別な記念モデルの製作をイタリア・マラネロの Ferrari S.p.Aに依頼。今回の記念モデルのプロジェクトチームのメンバーには、フェラーリのデザイン最高責任者フラビオ・マンゾーニらが参加した。M-Auto Italiaとマンゾーニ率いるプロジェクトチームは、M-Auto Italia20周年という記念すべきビジョンを共有、綿密な打ち合わせを経て、僅か限定2台となる独創的なF8トリブートのテーラーメイドモデルが誕生したのである。

マンゾーニは、このプロジェクトが立ち上がる際、M-Auto Italiaが本拠する広島の歴史や伝統、地域性に着目。これらの要素を3つのデザインテーマ「瀬戸内海の青」「シトラスのイエロー」「毛利元就」に集約し、ユニークな異なる2つのエクステリアカラーでこの記念モデルを表現している。

マンゾーニの手によってデザインされた1台目は、白を基調としてブルーパールを散りばめた「Bianco Hiroshima」。これは瀬戸内の水面に降り注ぐ太陽光の煌めきを表現したという。


2台目は、インテリアカラーのシトラスイエローにぴったりのボディーカラー「Grigio Hiroshima」、鍛造された鏃(やじり)を想起するマットグレーが組み合わされている。


この2台はいずれも安芸(現在の広島県)の名将、毛利元就が遺した三子教訓状に由来する伝説「3本の矢」をイメージする特別なリヴァリーがサイドに施されている。

この記念モデルのネーミングは、可能な限りのカーボンパーツを随所に施し、スタンダードモデルより35.6Kgの軽量化に成功したことに由来する。Dedication PlateとKick Plate にイタリア語で35.6Kg 軽量を意味する「ALLEGGERITA CARBONIO 35.6」が刻印され、エンジンルームにフェラーリ・デザインセンター最高責任者フラビオ・マンゾーニの直筆サインが本人の手によって記されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事