ボルボ・カーズが将来の技術ロードマップを発表

Volvo Cars

ボルボ・カーズは、6月30日のオンライン・テクノロジー・イベント「ボルボ・カーズ・テック・モーメント」において、2030年までに完全な電気自動車のプレミアム・カー・カンパニーへと移行し、急成長するプレミアム・エレクトリック・セグメントの世界的リーダーとなるためのテクノロジー・ロードマップを発表する。

スウェーデンのイェーテボリからのライブイベントで、すべての次世代の車が電気自動車になるという、ボルボ・カーズの未来を支える技術を視聴者に初めて披露。このイベントには、Google(グーグル)、Luminar(ルミナー)、Northvolt(ノースボルト)、NVIDIA(エヌビディア)の代表者も参加しイベントを盛り上げる。

ボルボ・カーズ・テック・モーメントでは、完全電動化への道筋、ソフトウェア開発の内製化の推進、コンピューティングの集中化、次のレベルの安全技術の計画、安全な自律走行の導入計画などの分野で、エキサイティングな新情報を提供する一連の基調講演とインタラクティブなQ&Aセッションが行われる予定だ。

イベントの一部として、インフォテインメントに対する将来のアプローチや、技術ロードマップを視覚化し、純粋な電気自動車時代のデザインの将来像を示すコンセプトカーも発表されるという。

最高経営責任者のホーカン・サムエルソンは「2030年までに電気自動車のプレミアム・カー・カンパニーへと移行するにあたり、当社は94年の歴史の中で最高のクルマを生み出すことを約束します。今は当社の発展にとってエキサイティングな時期であり、シームレスなコネクティビティ、業界をリードする安全基準、先進的な自律走行を提供する電気自動車に対するお客様の高まる要望に応えていきます」と述べている。



全面的な電動化に取り組むボルボ・カーズが、次世代の完全な電気自動車のために計画している内容は「現在の電気自動車と比較して、実際の走行距離が2倍以上になり」「バッテリーの充電速度が格段に速くなり」「所有コストと充電コストの両方が低くなる」ような車を作り出すこと。2020年代の半ばまでに、世界で120万台の販売を目指し、そのうち少なくとも半分は完全な電気自動車とすることを目標としている。

財務面では、ボルボ・カーズは、世界の3つの販売地域すべてでの販売台数と収益の増加、より効果的な販売及び流通チャネル、関連会社とのシナジー効果、電気自動車の品揃えの充実などにより、2020年代半ばまでに年間営業利益率を8〜10%にすることを目標としている。また、2020年代半ばまでに電動車両と内燃機関搭載車両の間で同等の売上総利益率を達成することにより、収益性がさらに向上することが期待されている。

ボルボ・カーズは、最先端のNVIDIA技術を用いて車内のコア・コンピューティングを切り替えるとともに、ソフトウェア開発を内製化し、開発サイクルの短縮化に注力。これは、未来の車の差別化要因として、また利益成長の原動力として、ソフトウェアの役割が高まっていることを反映している。

これは、これまで自動車業界を支配してきた静的な開発アプローチとは明らかに異なるものである。これにより、ボルボ・カーズは、柔軟性を高め、開発スピードを向上させ、新しいサービス、技術、ソフトウェアをOTA(無線アップデート)で迅速に展開することが可能となる。

安全性における業界のリーダーとしてのボルボ・カーズの立場を反映して、次世代のボルボ・モデルは安全性における新しい基準を設定。LuminarのLiDARセンサーを標準装備することで、将来の車を自律走行に対応したハードウェアとするとともに、車の安全レベルを常に向上させるために、リアルタイムデータを活用することを模索している。

また、ボルボ・カーズは、Googleとのコラボレーションを継続し、インフォテインメントとコネクティビティに対する業界をリードするアプローチを次のレベルに引き上げていく。新しいインフォテイメントシステムは、シンプルで落ち着いて安全な体験を提供することに加え、ボルボ・カーズとGoogleのエコシステムをシームレスに統合することに重点を置いたものだ。

ボルボ・カーズ・テック・モーメントに関するさらなる情報はこちらから確認することができる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事