意外と庶民的?ダイアナ妃が婚約プレゼントで贈られた車がオークションに

Reeman Dansie

あのダイアナ妃が所有していたという車がイギリスのオークションハウス、リーマン・ダンジー・オークショニアにて販売された。



この1981年のフォードエスコート1.6ギアは、ロイヤルウェディングの2カ月前の1981年5月に、婚約のプレゼントとしてチャールズ皇太子から贈られたもので、ダイアナ妃はこの車を1982年8月まで使用していた。ボンネットにはシルバーのカエルのマスコットが付いている。これは「カエルがキスによって王子様に変身する」という美しい少女のおとぎ話にちなんだもので、ダイアナ妃の姉レディ・サラ・スペンサーからの贈り物の複製だ。



この車両はダイアナ妃が新車で乗っていたときと同じオリジナルの登録番号、シルバーのペイント、青いベロアのインテリア、さらには元のラジオも備えている。



メーターに示された走行距離は約83,000マイルで、この車を20年間所有している現在の女性オーナーによって何年にもわたって大切に管理されてきた。彼女はダイアナ妃やロイヤルファミリーに敬意を払い、この車の出自を友人にさえ秘密にしていたという。オリジナリティを保つために、保管中は注意深くメンテナンスされており、定期的にMOT(車両検査)も実施されていた。



車両の履歴がわかる膨大な資料や、この車を運転するダイアナ妃の写真、関連記事の切り抜きなども付属したこのエスコートの落札価格は、47,000ポンド(約720万円)だった。

Reeman Dansie
https://www.reemandansie.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事