ベントレーマリナーが1000台目のオーダーメイドプロジェクトを達成!

Bentley Motors

名門コーチビルダーとして名高いベントレーマリナーは、パーソナライズされたビスポーク⾞の需要の⾼まった 2014年に専⾨のデザインチームが作られて以降、記念すべき1000台⽬となるビスポーク⾞を製作した。

この1000台⽬のビスポーク⾞は、ヨーロッパのカスタマーが注⽂した⾞で、ベントレーをよりパーソナライズするため、インテリアに2つの要望を出している。⼀つは、ベンテイガのインテリアにミュルザンヌの歴史を感じさせるオリーブアッシュのウッドパネルを使うこと、もう⼀つは、インテリアのコントラストをより強調するようシートとドアトリムの上部にハイドに映えるツインステッチを施すことだ。

記念すべき1000台目となったベンテイガ

7年前、マリナーが⼿掛けた初めてのプロジェクトは、たった15台の限定モデル。乗員の乗り⼼地にフォーカスを当てた、フライングスパー・セレニティだ。シートとヘッドレストを⼀から作り直し、特別感を演出するため、新しくユニークなダイアモンドキルティングをキャビン全体に施すなど、様々なデザインが変更された。この独特なレザーのデザインは、現在のコンチネンタルGTマリナーでも使⽤されているダイアモンドデザインのもととなっている。

ダイヤモンドキルティングを採用したコンチネンタルGTマリナー

今回のマイルストーンを祝し、マリナーデザインチームは、この7年間に⼿掛けた⾞の中でも特に注目すべき⾞たちを公表した。ジェット機にインスパイアされたコンチネンタルや、6.75リッターV8エンジンを誇るミュルザンヌ、運転席側と助⼿席側の異なるトリムを配したベンテイガなど、彼らはこれまでベントレーのラインナップすべてを⼿掛けてきた。

2014年からの1000台のビスポークプロジェクトは、トレッドプレートをパーソナライズするものから、ベントレーマリナーバカラルのような完全なコーチビルド⾞を作るもの、また、国内外からの依頼や限定モデル、レースカーのデザインなど、多岐にわたる。ベントレーのデザイン部⾨も兼ねる専⾨チームは、デザイナーやデジタルアーティストで構成されており、⾮の打ち所がないデザインを作り、製作前のこのデザインを、写真のようにリアルな画像にしてカスタマーに提示している。この7年間で、ベントレーのコアなデザインDNAをより深く統合すると同時に、カスタマーに幅広い可能性を⽰してきた。

チームはベントレーの3つのビスポーク部⾨と横断的に協⼒しており、マリナーバカラルの12名のカスタマーにはパンデミックの間、Zoomを活用してデザインを決定する⼿助けをし、ブロワー・コンティニュエーション・シリーズの12名のカスタマーにはスペシフィケーションを決める⽀援を⾏い、コンチネンタルGTクーペとコンバーチブルのマリナーバージョンを製作し、さらにはすべてのカスタマーが様々なレベルのビスポークを⾏うことができるマリナー・パーソナル・コミッショニング・ガイドを創り上げた。

プロジェクトの中には、⼀台の⾞をシリーズ化して、⼀桁台のごく少量生産となるものもある。有名なブライトリングジェットチームを記念して製作された7台のシリーズは、インスピレーションを得た航空機の⾊に合わせて、ブラック、シルバー、イエローで仕上げられている。地域限定のエディションは、特定の販売店やカスタマーのためのものであったり、ベントレーの成功を祝うものだ。例えば、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでのベントレーのプロダクションカーレコードを記念して2019年に制作されたコンチネンタルGTパイクスピーク・エディションなどがあげられる。





⾞内の装備品、スケールモデルやデザインをテーマにした彫刻まで、⾞そのものにとどまらず、マリナーデザインチームの才能は、様々な分野で発揮されている。冷蔵庫、特注の陶器製カトラリー、⾷器、クリスタルグラス、収納スペースを備えたベンテイガ⽤の極上のピクニックハンパー(オプション)の製作にも、このチームが貢献している。アウトドアで快適に過ごすために、ハンパー⾃体を取り外してシートとして使⽤することも可能だ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事