快進撃!スーパーSUV ランボルギーニ ウルスが販売台数15,000台を突破

Automobili Lamborghini

2021年上半期の世界販売台数が4,852台という記録を達成して数日後、アウトモビリ・ランボルギーニの生産台数に新記録が生まれた。グローバル展開から3年、スーパーSUV ウルスは生産台数15,000という驚異的な大台に乗り、発売以来最短で同社史上最高の生産台数を達成したモデルとなった。英国のオーナーに届けられる予定のシャーシ番号「15,000」のウルスは最新の「グラファイト・カプル」のカラーで、エクステリアは新色マットカラーのグリジオケレ(グレー)にヴェルデスキャンダル(グリーン)のディテールを加え、ツートンカラーのインテリアは新コレクションのネロアデ(ブラック)/ヴェルデスキャンダル(グリーン)で仕立てられている。



2017年12月の発表以来、ウルスはアウトモビリ・ランボルギーニの全体的な販売台数の拡大に大きく貢献してきた。ウルスが通年で販売された最初の年となった2019年には、総販売台数が倍増している。スーパースポーツカーの魂をSUVの機能性と融合させたことで生み出されたウルスの卓越したパフォーマンスと圧倒的な汎用性は、今日もランボルギーニで最も人気の高いモデルとしての地位を確立している。



ウルスは4リッター ツインターボv8エンジンを搭載し、最高出力650HP(478kW)/6,000rpm(最高6,800rpm)、最大トルク850NM/2250rpmを発揮する。比出力はクラス最高レベルの162.7HP/L、パワーウェイトレシオも他に肩を並べるもののない3.38kg/HPを誇っている。さらに、3.6秒の0-100km/h加速と12.8秒の0-200km/h加速で最高速度は305km/達し、現在市販されているスーパーSUVの中で最速のモデルに数えられる。



オクタンでも紹介しているが、2021年3月にロシア・バイカル湖で開催された「スピードの日」にウルスが初参加した際は、氷と時折吹く強風にトラクションを失いながらも、最高速度298km/h、停止状態から1,000メートルまでの平均速度が114km/hと、素晴らしいパフォーマンスと卓越したハンドリング性能を発揮。ウルスの圧倒的な速さは氷上においても証明されている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事