RM Sotheby’s / 1969 Ferrari 365 GTB/4 Daytona Berlinetta Alloy

2.jpg

驚くべき車が、岐阜県の納屋で発見された。一見するとボロボロのフェラーリ365GTB/4デイトナに見えるが、これは世界でたった1台しか存在しない特別仕様車である。スカリエッティ製アルミボディを架装した、ロードゴーイング・デイトナなのだ。

365_GTB4_70264-960x540_KKE8NX.jpg

365GTB/4デイトナは、フェラーリが1968年のパリ自動車ショーで発表したグランツーリスモである。「デイトナ」という愛称は、フェラーリが1967年のデイトナ24時間レース圧倒的勝利を飾ったことに由来する。直線を基調としたシャープなスタイルは、ピニンファリーナの名デザイナー、レオナルド・フィオラバンティによるものだ。

1.jpg

デイトナは1400台以上が生産されたが、その中でアルミボディを架装した車両は6台のみ。そのうち5台はレース用に開発されたコンペティション・バージョンで、残りの1台がこの車、公道走行が可能な、アルミボディのデイトナなのだ。

3.jpg

5.jpg

4.jpg

1969年にボローニャのディーラーを経由して販売されたこの車は、イタリアで数名のオーナーのもとにわたった後、1971年に日本に輸入された。自動車雑誌「カーグラフィック」の1972年1月号にも掲載され、注目を浴びた。その後日本でも数名のオーナーの手に渡り、1980年に岐阜県の車庫で長い眠りについた。

13.jpg

それが近年になって発見され、ふたたびスポットライトを当てられることとなった。

22.jpg

フェラーリの専門家、マルセル・マッシーニによると、ボディ・シャシー・エンジンのナンバーは一致しており、パーツの殆どがオリジナルであるとのこと。

18.jpg

ノックオフ・ハンマーを含む工具セットも保管されている。

6a.jpg

この「バーンファインド・デイトナ」は、9月にモデナで開催されるオークションに、発見されたままの状態で出品される予定。エスティメイトは140万ユーロから170万ユーロ。日本円換算で1億8000万円から2億2000万円の価格がつくと予想されている。詳細はRM Sotheby’s公式ページをご確認いただきたい。

http://www.rmsothebys.com/ff17/ferrari--leggenda-e-passione/lots/1969-ferrari-365-gtb-4-daytona-berlinetta-alloy-by-scaglietti/1704895

RECOMMENDEDおすすめの記事


RANKING人気の記事