ミカド珈琲の「食べる珈琲」を浅間プリンスホテルで味わう

軽井沢 浅間プリンスホテル

軽井沢に宿を構える軽井沢 浅間プリンスホテル。宿に訪れるゲストがよりゆったりと良い時間を過ごせるような新名物となるスイーツを作りたいという思いから、地元を代表する珈琲店とのコラボレーションを実施する。お相手となるのは、軽井沢を代表する珈琲店として、多くの人に愛されてきたミカド珈琲。そのミカド珈琲の味をホテルのシェフがアレンジし、季節ごとにオリジナルスイーツを制作することが決定した。

第一弾となるのは、1962年に「食べる珈琲」として販売されたミカド珈琲のコーヒーゼリー。浅間プリンスホテル「ダイニング ブルーム」のシェフが特別に食べるコーヒー専用の豆・レシピを教わり、その味を再現。加えてシェフが選んだバニラアイスクリームとブランデーが添えられる。

レストラン「ダイニング ブルーム」から見える美しいビュー

なお、本メニュー「第一弾 コーヒーゼリー」の提供期間は2021年8月7日(土)から10月31日(日)までの期間限定。第一弾終了後も季節に合わせて、また違ったオリジナルスイーツが発表されることだろう。レストランの客席から望む浅間山の絶景を楽しみながら、懐かしいコーヒーゼリーをじっくりと味わう…そんな優雅な午後はいかがだろうか。


ミカド珈琲 meets ブルーム「Café séries」 Season1「コーヒーゼリー」
期間:2021年8月7日(土)~10月31日(日)
提供時間:11:30~15:00
場所:軽井沢 浅間プリンスホテル「ダイニング ブルーム」
料金:1200円(税込) ※別途サービス料10%を加算

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事