子どもじゃなくても運転したい!伝説的クラシックフェラーリがジュニアカーとして登場!

Ferrari / The Little Car Company

1957年の250 テスタロッサのスケールレプリカ、テスタロッサJが誕生した。フェラーリの歴史を彩るマスターピースのひとつを体験できるジュニアカーだ。

テスタロッサJは、あらゆる年齢層のフェラーリ愛好家が、自動車界の伝説を運転するというスリルを体験するための特別なプロジェクトである。最も情熱的なコレクターのための新しい限定バージョンであるテスタロッサJは、有名なクラシックカーの3/4スケールの電動レプリカだ。この車は、フェラーリとモータースポーツの歴史の中で最も象徴的で成功した車の一つである、1957年の250 テスタロッサを忠実に再現。わずか299台の限定生産で価格は9万3000ユーロからとなっている。



フェラーリは、ジュニアカーの製造を専門とする会社であるリトル・カー・カンパニーと協力して、このプロジェクトを主導した。プロポーションやカラーリングはフェラーリのマラネッロにあるチェントロ・スティーレが担当し、シャシーなどのコンポーネントはフェラーリのクラシケ部門が保有するオリジナルの設計図をもとに製作された。

フェラーリ・テスタロッサJは、14歳以上のユーザーが運転することを前提に設計されているが、公道走行のためのホモロゲーションは取得していない。

フェラーリ 250 テスタロッサ



1950年代から60年代にかけてサーキットで活躍した250 テスタロッサは、フェラーリの中でも特に長い歴史を持つ名車である。この車は、その歴史の中で18回の優勝を果たし、1958年、1960年、1961年には3つのチャンピオンシップを獲得した。1958年、1960年、1961年、1962年にル・マン24時間レースで4回優勝した唯一のフェラーリでもある(最新の進化形である330 TRを考慮した場合)。

デザイン



フェラーリ・テスタロッサJは、スカリエッティがデザインしたオリジナルのバルケッタバージョン、通称「ポンツーン・フェンダー」の250テスタロッサのラインを緻密に再現している。ボディワークは、歴史的なモデルと同じように、手作業でアルミニウムを叩き出して作られている。塗装は現在のフェラーリのロードカーシリーズと同じで、フロントのインシグニアも同じだ。

シャシーの設計に関しては、250 テスタロッサの複雑なシャシーを正確に再現するために、フェラーリ・クラシケ部門から送られてきたオリジナルの紙図面をスキャンし、デジタルで再現された。ジュニアカーは、ステアリングとサスペンションのジオメトリーが同じなので、オリジナルの外観に見合った本格的なハンドリングが得られるのだ。



また、インテリアにも細心の注意が払われている。フェラーリのセントロ・スティーレは、大人と子供が一緒に座れるシングルシートをデザインした。オリジナルのパイピング・モチーフを忠実に再現し、現在のフェラーリ・シリーズに使用されている高品質のレザー・シートを使用している。ステアリングホイールは、1957年モデルと同じナルディ社製で、フェラーリ史上最小のクイックリリースシステムを採用し、ドライバーのエントリーを容易にしている。古典的な文字盤は、電気自動車の新しい役割のためにリマスターされ、再利用されているが、オリジナルのデザインとフォントはそのままだ。オイルゲージとウォーターゲージはバッテリーとモーターの温度を表示し、燃料計はバッテリーゲージに、タコメーターはスピードメーターになっている。さらに、回生ブレーキの効き具合を示すパワーゲージもある。



ペダルはF8トリブートと同じものが使われており、タイヤはフェラーリのオフィシャルテクニカルパートナーであるピレリ製で、ハンドメイドの12インチワイヤーホイールが装着されている。サスペンションには、ビルシュタイン社製コイルオーバー・ダンパーとカスタム・スプリングを採用し、マラネッロのフィオラノ・テストコースでフェラーリのテスト・ドライバーが微調整を行い、承認を得ている。

パフォーマンスと安全性

電気エンジンを駆動する3つのバッテリーは車のフロントに配置されており、走行スタイルに応じて約90kmの航続距離を実現している。バッテリーはフロントボンネットの下にあり、本来給油口があった位置からも充電が可能だ。



「マネッティーノ」ダイヤルでは、4つの走行モードが選択でき、最高レベルの安全性を確保しながらドライビングを楽しむことができる。ノービスモード(1kW/20km/h)は、加速をコントロールし、離れた場所からキーフォブを使って遠隔操作で車を停止させることができるので、初めて運転する人でも安心して運転できる。コンフォートモード(4kW/45km/h)、スポーツモード、レースモードは、徐々にスポーティになり、瞬時に反応して加速し、最高速度が上がる。

安全性は車の開発全体を通して最優先されており、金属製のサイドパネルは強化され、オプションのロールバーはシャシーに固定することができる。ブレーキ性能を最大限に引き出すために、オリジナルのドラムシステムに代えてブレンボ製のディスクブレーキを採用し、さらに油圧式ハンドブレーキを装備している。

カスタマイズ



テスタロッサJは、幅広いパーソナライゼーションとカラーコンビネーションが可能だ。フェラーリ・クラッシェ部門は、250 テスタロッサのレースキャリアを彩ったすべてのカラーを徹底的に調査した。オンラインのカーコンフィギュレーターでは、14種類のヒストリカルレバーから選ぶことができる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事