待望の最新作が2台同時に披露される!シンガーが手掛けた究極のポルシェ911

Alex Tapley for Singe

「DLS」、つまりDynamics & Lightweighting Studyとは、空冷911のオーナーのためのレストアサービスをさらに進化させたいというシンガー・ヴィークル・デザイン(シンガー)の顧客からの要望から始まったものだ。英国でレストアされるのは75台までで、それぞれのオーナーのためにオーダーメイドで製作される。

その成果が、8月13日(金)にアメリカ・カリフォルニア州で開催されるモントレー・カー・ウィークのThe Quailで展示されることが発表された。英国に拠点を置くDLSがレストアする75台はすべて販売が完了しており、クライアント仕様のポルシェ911が北米地域で展示されるのは今回が初めてとなる。





null

「ユニコ・コミッション」
- 自然吸気、4.0L、空冷フラット6、4バルブ/シリンダー
- 500HP @9000 rpm
- 専用のダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションと軽量リアサスペンション
- 軽量マグネシウム製ギアボックス、マグネシウム製センターロックホイール
- CCM-R カーボン・セラミック・ブレーキ、特注アルミニウム・モノブロック・キャリパー
- チタンおよびインコネル製のエキゾーストシステム
- 専用設計のミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2タイヤ
- ABS、トラクションコントロール、エレクトロニックスタビリティコントロール(ドライブモード選択可能)
- ノーズリフト、軽量エアコンディショニング、フロントスクリーンヒーター
- エアロダイナミクスに最適化されたカーボンファイバー製ボディワーク(アブサン・グリーン)とニッケルポリッシュ仕上げのブライトトリム
- ブラッドオレンジのレタリングを施したライトゴーストサイドストライプ
- ブラッドオレンジの軽量カーボンファイバー製シート、ニッケルポリッシュ仕上げのグロメット
【写真ギャラリーでディテールを見る】

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事