めまいがするほど圧倒される!ル・マン参戦車両を含む75台の珠玉のコレクション

Peter Singhof / RM Sotheby's

もしも耐久レースの名車コレクションが自分のものになるのなら、この写真のコレクション以上のものが想像できるだろうか。写真は、『GTC』のジャン・ギカスの個人コレクションからRMサザビーズのオークションへ出品される75台のレーシングカーとロードカーのうちのわずか三分の一程度だというから驚きはなおさらだ。

11月19日にフランス、ポールリカール・サーキットで開催が予定されているこのオークションでは、各時代で活躍した車両が揃っているが、なかでも目をひくのはル・マン24時間レースで闘ったマシンたち。代表的な例は1981年のフェラーリ512BB/LMで、レーシングチームのベランコートのワンオフのボディワークが特徴だ。1981年と1984年のル・マンに参戦した車両で、推定価格は225万〜300万ユーロ(約2億9000万~3億8600万円)とされている。

1981 Ferrari 512 BB/LM
Kevin Van Campenhout ©2021 Courtesy of RM Sotheby's


もう1台のフェラーリ、1955年の250GTベルリネッタコンペティツィオーネにも注目が集まっている。これは1955年のトリノモーターショーで展示され、後の「Tour de France」に似たワンオフのボディワークが施されている。推定価格は700万〜900万ユーロ(約9億~11臆6000万円)だ。

1955 Ferrari 250 GT Berlinetta Competizione by Pinin Farina
Peter Singhof ©2021 Courtesy of RM Sotheby's


1993年のル・マンのために製造されたわずか3台のジャガーXJ220のうちの1台もある。今回のオークションに提供された車両(シャシー003)は、タイヤのパンクによりリタイアを余儀なくされるまでは、クラスをリードしていた。 1995年にもレースに参戦し、その後ドン・ローによってレストアされたもので、推定価格は100万〜140万ユーロ(約1億2800万~1億8000万円)と見込まれている。

1993 Jaguar XJ220 C LM
Peter Singhof ©2021 Courtesy of RM Sotheby's


また、元ジョニー・アリディの1965年イソ・グリフォ A3/C(推定価格150万〜200万ユーロ:約1億9300万~2億5800万円)をはじめとした興味深いロードカーもオークションに供される予定だ。
1965 Iso Grifo A3/C
Paolo Carlini ©2021 Courtesy of RM Sotheby's


これらはほんの一部のハイライトにすぎない。その他の車両もRMサザビーズのウェブサイトに掲載されているので興味のある人はチェックしてみよう。それは信じられないほどのコレクションであり、さらに何台かのフェラーリやランボルギーニ、何台かの素晴らしいフランスのクラシックカーなどを見ることができる。

文:Octane UK Photography: RM Sotheby's

RM Sotheby’s
https://rmsothebys.com/en/auctions/jg21

文:Octane UK Photography: RM Sotheby's

RECOMMENDEDおすすめの記事