“WILLYS”に敬意を表して|ラングラーアンリミテッドの300台限定モデルが登場!

FCA Japan

1948年に発表され、オフロード車を民用の車としても認知させる存在となった「SUVの父」とも呼ばれるウィリスオーバーランドCJ-3A。当時、軍用車や農耕用車両として使用されていたオフロード車を民生用として広め、人々に未舗装の地を駆け巡る自由な楽しみや冒険の喜びを与えた。その先代モデルにあたるCJ-2Aに比べ、エクステリアに手が加えられると共に、トランスミッションやリアアクスルといったメカニズムが強化されたことで、よりタフな走りを実現、高いオフロード性能を維持しながら実用面でも進化を遂げるCJシリーズの礎を固めた。

ウィリスオーバーランド CJ-3A

Jeepは、ラングラー・アンリミテッドに、この「ウィリスオーバーランド CJ-3A」にインスピレーションを受けた限定車ラングラー・アンリミテッド・ウィリスを新たに設定。当限定車は、CJ-3A の精神を受け継ぎ、オフロード性能のさらなる進化と、タフネスを表現したエクステリアを特徴としている。



悪路で車体下部を保護するロックレールや、滑りやすい路面でタイヤの空転を抑えることで推進力を高めるアンチスピンリアディファレンシャル、ラングラーきってのハードコアモデルである「ルビコン」と共通のDana社製 M220リアアクスルを搭載し、オフロード性能が強化されている。

ロックレール

エクステリアにはブラック仕上げの専用フロントグリルやグロスブラックに塗装された17インチアルミホイール、「WILLYS」ボンネットデカール、4 WHEEL DRIVE リアゲートデカールが装備されるほか、Jeep バッジと TrailRated バッジはマットブラック仕上げが施されている。

17インチアルミホイール

WILLYS ボンネットデカール

ボディカラーは、ミリタリー感を演出する限定車専用色のサージグリーンC/C(100台限定)と、通常はルビコン専用色であるスティンググレーC/C(200台限定)の2色を特別に設定する。

サージグリーンC/C

スティンググレーC/C

装備はベース車である「アンリミテッド・スポーツ」に準じており、LEDヘッドライトや車庫入れをサポートするパークセンス フロント・リアパークアシスト、パークビュー リアバックアップカメラ、前走車との車間距離を維持するSTOP機能付アダプティブクルーズコントロールなどを装備している。

革巻きステアリングホイール

SUVの父としてジープの歴史に名を刻んだ CJ-3A。ラングラー・アンリミテッド・ウィリスは、その血統を名実ともに受け継ぐ特別な1台となった。2021年9月4日(土)より、全国のジープ正規ディーラーにて300台限定で販売開始となり、メーカー希望小売価格は568万円だ。

全ての写真を見たい方はこちらの画像ギャラリー【全27点】へ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事