ギネス記録達成!トンネル内を世界最速で飛ぶ|Red Bull Tunnel Pass

(C) Eros Maggi / Red Bull Content Pool

イタリア人のエアロバティック/レース・パイロットのダリオ・コスタは、エアロバティック・イタリア選手権で優勝したあと、イタリア人初のレッドブル・エアレース ・チャレンジャークラス参戦を果たしたトップパイロットで、同クラスでのレース優勝も記録している。20年以上のパイロットキャリアを通じていくつものプロジェクトをクリアしてきたコスタは、これまでに60機種以上を操縦した経験を持ち、総飛行時間は5,000時間(半分以上がトップレベルのエアロバティックス)を超えているが、【Red Bull Tunnel Pass】は彼にとって最も要求度が高くて複雑なプロジェクトになった。2021年9月4日、ダリオ・コスタはトルコ・イスタンブール郊外のトンネル2本をエアレース用飛行機Zivko Edge 540で通過し、航空史に新たな1ページを書き加えた。

(C) Kin Marcin / Red Bull Content Pool

コスタは狭くて暗いトンネルの中からテイクオフすると、地上高1m以内・最高時速245kmで1本目のトンネル、中間部(オープンエアーセクション)、2本目のトンネルを次々と通過して【Red Bull Tunnel Pass】と名付けられたプロジェクトを無事成功させた。

このプロジェクトのために調整・改良されたEdge 540に搭乗したコスタは、大気が理想的な状態になるタイミングを狙い、2021年9月4日(土)午前6時43分(日本時間:同日午後2時43分)にテイクオフした。天井があるため、コスタは高度を70cm〜1.6mで維持し続ける必要があった。また、トンネルの壁から各翼端までの距離が平均4mと非常に幅狭く、アップダウンがあり、内部形状も同一ではなかったことが、このプロジェクトの難度をさらに高めていた。

(C) Nuri Yılmazer / Red Bull Content Pool

僅かな入力にも反応するEdge 540で、空気の流れが独特なトンネルを通過しなければならなかったコスタは、250ミリ秒以内に反応しながら操縦を続けたが、プロジェクトの最重要セクションのひとつが1本目のトンネルと2本目のトンネルを繋ぐ全長360mのオープンエアセクションだった。コスタは、このセクションで横風に晒されながらも低空飛行を維持して2本目のトンネルへ進入した。

テイクオフから2本目のトンネルを出るまでの全長2,260mを、コスタが操縦するEdge 540は最高時速245.07km(2つ目のトンネルでの平均速度)の速さで43.44秒フライト。【Red Bull Tunnel Pass】は「飛行機によるトンネル内飛行世界最長記録(1,730m)」としてギネス世界記録に認定された他、「トンネル内を飛行した世界初の飛行機」「固体障害物下での最長飛行記録(1,730m)」「トンネル2本を通過した世界初の飛行機」「トンネル内から離陸した世界初の飛行機」も記録した。

(C) Samo Vidic / Red Bull Content Pool

【Red Bull Tunnel Pass】に向けて、コスタはハンガリー出身のエアロバティック/ レース・パイロットのピーター・ベゼネイ(65歳)から指導を受けていた。レッドブル・エアレースの考案者 / レジェンド・レース・パイロットのベゼネイは、母国の首都ブダペストのドナウ川に架かるセーチェーニ鎖橋を背面飛行で通過するなど、様々なフライトプロジェクトを成功させている。

べゼネイは「トンネル内でのフライトは通常のシチュエーションと異なります。最も重要なのはマインドセットです。滑走路の1メートル上空をセンターラインに沿って真っすぐ飛行するのは技術的にそれほど難しくはありません。しかしトンネル内、しかも最初は暗くて、外に出ると明るく、再び暗いトンネルに飛び込むフライトは状況が全く違います。飛行に影響を及ぼす空気の波や塊(バンプ)もあるでしょう。最も難しいのは、もしミスすれば固い壁が待っていることを知っているという点です」とこのプロジェクトにおけるマインドの重要性を語っている。

ダリオ・コスタ(左)とピーター・ベゼネイ(右)(C) Ádám Bertalan / Red Bull Content Pool

コスタはプロジェクト後「トンネルの中でのフライトは自分にとって初めてでしたし、むしろ世界初でしたので、すべてプラン通りに行くかどうかが心配でした。すべてが凄まじいスピードで起きているように思えましたが、1本目のトンネルを通過したあと、中間部で横風を受けて機体が右に流れ始めると、スピードが遅くなったように思えました。ですので、2本目のトンネルへ向けて機体を正しい位置へ持っていくことだけに集中しました。そのあとはまたスピード感が高まっていきました。無事終了できて本当に安堵しましたが、最初に生まれた感情は喜びでしたね。またひとつ夢が叶いました」とコメントしている。

【Red Bull Tunnel Pass】データ

日時:2021年9月4日午前6時43分(現地時間、日本時間の同日午後2時43分)
テイクオフから2本目トンネル出口までの距離:2.26km
飛行時間:43.44秒
最高時速:245.07km/h
クリアランス:壁から各翼端は平均4m / 最低高度70cm / 最高高度1.6m
パイロットの反応時間:250ミリ秒
使用機体:Zivko Edge 540
ギネス世界記録:飛行機によるトンネル飛行世界最長記録(1,730m)
その他の記録:
トンネル内を飛行した世界初の飛行機
固体障害物下での最長飛行距離(1,730m)
トンネル2本を通過した世界初の飛行機
トンネル内から離陸した世界初の飛行機
準備期間:1年
チーム・メンバー:40人
メンター:ピーター・ベゼネイ

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事