フレンチブルーミーティング2021開催決定!今年もおうちでフランス文化にどっぷり浸ろう

French Blue Meeting

1987年に20台ほどのフランス車で始まったFrench Blue Meeting(FBM)は、今年35回を迎える。コロナの影響により昨年度はオンラインでの開催になったにも関わらず、世界中から15000人もの参加者が集まった。今年は10月2日(土)15:00~30日(日)15:00に「French Blue Meeting 2021 online」が開催される。運営はリアルで開催するための準備をしていたが、まだまだ情勢が読めないこともあり、今年もオンライン開催とすることを決定した。

今年のFBMでは、5つのテーマが用意されている。

1:「SAVE ドミニクドゥーセの店」
FBMを愛するドミニクドゥーセは、長年FBMに出展しており、前夜祭では子どもや女性にカヌレを配布していた。奇しくもドミニクが日本に来たのは1987年であり、FBMと同じ35周年の同級生でもある。このドミニクドゥーセの店のカヌレ工場が5月24日の夜に全焼してしまった。幸い人的被害はなかったが、大きな痛手を負うことになった。今回はFBMとドミニクドゥーセの店のコラボステッカーを作成し、チャリティ販売する予定だ。FBMは、参加者の友情が詰まった開催にしたいと考えている。

FBM×ドミニクドゥーセの店コラボステッカー

2:FBMならではのこだわり「フレンチエンタメ!」
今年はFBMが1960年代のパリにタイムスリップ。昭和の若者がパリに憧れるきっかけになった「オーシャンゼリゼ!」。この世界の名曲を歌ったディーヴァ「ダニエルビダル」が奇跡的に、FBMにフランスからオンラインで登場する。FBMのアンバサダーでヴァイオリニスト、レイナ・キタダ、アコルディオニスト田ノ岡三郎と、見逃せないショータイムが開催される。



3:Renault4L!
フランス中を愛くるしいデザインで彩ったルノー4が今年デビュー60年を迎える。ルノー4はファミリーカーであり、時には荷物満載の商用車にもなる。マルチな才能とデザインをあわせもつRenault4L(キャトレール)にフォーカスを当てたイベント。

4:オマージュ ロベールオプロンさん
ベルトーニが創作した完璧なシトロエン DS のデザインに手を入れ、さらには前輪駆動で200km/hという夢を実現したドリームカーシトロエンSMのデザイナーとして世界の羨望を集めた鬼才デザイナーロベール・オプロン。今年3月に亡くなったオプロンとフレンチデザインに迫る。

5:「日本画家、高木優子とパリ」
パリの展示でFBM最高顧問の永瀧達治を唸らせた画家である高木優子がFBMがコラボし、日本画とフレンチのディープで艶やかな世界に迫る。

作品:「月からは逃れられない」6号日本画(雲肌麻紙、岩絵具、箔)2021年作

その他にも、

・日本を代表するレーシングドライバーで、シトロエンエンスーでもある服部尚貴選手が「CITROEN DSとモータースポーツを語る」



・フレンチフレンチ
・フレンチトーストピクニック
・FBMがトークセッション
・昨年好評だった「フレンチ愛が止まらない、愛車自慢」のライブ中継を実施予定。
・世界のフレンチファンと中継で繋ぎ、FBMの友情を交歓。

など、多くのイベントが用意されている。オンライン開催のため、興味のある方はぜひ気軽に参加してみてはいかがだろうか。また、毎年恒例のオリジナルステッカー(1000円)も9月10日に発売開始される。こちらはWEBサイトから購入可能だ。

French Blue Meeting 2021 online
開催日時:2021年10月2日(土)15:00 ~ 3日(日)15:00
Youtube channel : https://www.youtube.com/c/FBMonline
WEBサイト:https://www.frenchbluemeeting.com/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事