余分なレザーをパッチワークで繋ぐ|トッズのサスティナブルな取り組み

オクタン日本版編集部

イタリアの上質なレザーアイテムを提供するラグジュアリーブランド、トッズ。今回、普段カバンや靴などの自社製品を生産する際に、使われることのない余分なレザーパーツを組み合わせて使用したサスティナブルなアートサイクリングコレクション「トッズモザイク」を発売する。

このトッズのアイデアは、イタリアに数多くある皮革工房や靴工房で働く女性たちが、生産時に発生する端切れのレザーを使って日々の買い物に使うための小さなバッグを手作りしていたことからヒントを得てスタートしたもの。古くからイタリアで行われている伝統技法を使用し、本来であれば使用されることがない部分を上手に使用し、再生したプロダクトなのである。



また、今回このコレクションの他に、アートリサイクリングも実施。アメリカの現代アーティストであるウィリー・コール氏とのコラボレーションをし、レザーや半製品などを原材料としてオブジェ作品が制作された。こちらはミラノで展示をした後、パリ・ロンドン・ニューヨーク・マイアミを巡回予定だ。





なお、残念ながら今回の「トッズ モザイク」は数量限定のコレクションのため、日本国内での取り扱いは現段階では未定とのこと。今後も継続して、サスティナブルなプロダクトがどんどん展開されることを楽しみに待っていたい。


トッズ
https://www.tods.com/jp

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事