ロイヤルエンフィールドから、60年代を彷彿とさせる2つのニューモデルが登場

Royal Enfield

1901年に英国で誕生した現存する世界最古のモーターサイクルブランド、ロイヤルエンフィールドは、今なおクラシックな趣の”オートバイらしい”オートバイを生産し続けている。この度、排気ガス規制のユーロ5に対応し、新たに5種類のカラーバリエーションが加わったINT 650と コンチネンタルGT 650を日本で販売開始する。

INT 650

コンチネンタルGT 650


INT 650には、新たにスタンダード(単色)の「キャニオンレッド」と「ベンチュラブルー」の2色、カスタム(ツートン)の「ダウンタウンドラッグ」と「サンセットストライプ」の2色が追加され、スペシャルにはクロームタンクにレッドストライプが施されたマーク 2がラインナップに加わった。マーク2は初代INT 750へのオマージュであり、1960年代にカリフォルニアで一大ブームを巻き起こしたモデルを彷彿とさせる。



カフェレーサースタイルのコンチネンタルGT 650には、5つの新色が追加された。1960年代のコンチネンタルGTからのインスピレーションと、熱烈なファンからの要望に応え、スタンダードには最も愛されている「ロッカーレッド」を復活させ、新たに「ブリティッシュレーシンググリーン」を導入した。また、カスタムには「ドゥ・デラックス」 と「ベンチュラストーム」の2色を追加し、クロームタイプの「ミスタークリーン」もアップデートしている。



ロイヤルエンフィールドは、INT 650のロードスターとしての魅力を高めるため、カラーバリエーション以外にも複数の純正オプションパーツを用意している。シートは標準的なツーリングデュアルシートとツーリングシートの2種類があり、エンジンガードやサンプガードはより保護性能を高めることが可能だ。またINT 650には、トール/ショートスクリーンキット、フォークブーツ、ツーリングミラーなど、ライディングスタイルを向上させる様々なアイテムが用意されている。



コンチネンタルGT 650のカフェレーサースタイルを更に引き立てるため、ブラックにペイントされたスクリーンキット、バーエンドミラー、様々な色のシングルシートカウルなど、カスタマイズやアクセサリーのオプションに加え、サンプガードやエンジンガードなどの様々なプロテクションアイテムも用意している。これらのカスタマイズやアクセサリーのオプションはすべて認証を取得しており、アクセサリーには2年間の保証も付属する。



ロイヤルエンフィールド、アジア太平洋地域責任者であるビマル・サムブリーは、次のように述べた。
「650ツインシリーズの発売は、ロイヤルエンフィールドと中間排気量二輪車市場にとって新たな章の始まりとなりました。ここ数年の650ツインシリーズの世界的な成功は驚くべきものです。インドではINT 650 が500cc以上のカテゴリーで4倍以上の成長を遂げ、世界でも賞賛されています。アジア太平洋地域では、販売台数の50%以上を650ツインシリーズが占めており、最も需要の大きいタイでは、販売台数の65%以上を650ツインシリーズが占めています。純正アクセサリーを導入したことで自己表現の可能性が広がり、ロイヤルエンフィールドのモーターサイクル全体としての魅力をさらに高めることができました。すでに1万人に迫るお客様にご好評をいただいているINT 650とコンチネンタルGT 650に、新たなカラーバリエーションやユニークなカスタマイズオプションが加わることで、より多くのモーターサイクルファンにロイヤルエンフィールドのブランドを知っていただけると確信しています」

INT 650
・スタンダード: 85万2500円(税込)
・カスタム: 87万1200円(税込)
・クローム: 89万7600円(税込)

コンチネンタルGT 650
・スタンダード: 87万2300円(税込)
・カスタム: 88万8800円(税込)
・クローム: 92万700円(税込)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事