51年を経て再現された「ポルシェ ジャンプ」の意味するものとは

PORSCHE

ポルシェは、356 Bの象徴的な写真を再現した。「The Porsche Jump」は、オリンピックで2度の優勝経験を持つアクセル・ルンド・スビンダルが、ビルの高さほどもある巨大な雪の壁の間に配置されたポルシェ タイカンの上をスキージャンプする様子を撮影したものだ。この新しいバージョンは、ポルシェのマインドセットを象徴しており、ポルシェが未来の可能性をどのように解釈しているかを示している。すなわち、新しいことに果敢に挑戦し、大胆に前進し、常に自分自身を信じて他よりも少し先に進み、最良の解決策を見出すことを目指している。



ポルシェAGの取締役会副会長兼財務・IT担当取締役のルッツ・メシュケは、「アクセル・ルンド・スビンダルとポルシェ タイカンは、1960年にエゴン・ツィンマーマンが356を飛び越えたのと同じ価値観を表しています。それは、運動能力、勇気、生きる喜び、そしてもちろん、当時最も革新的なスポーツカーです。グローバルな競争の中で差別化を図るためには、これらの要素がかつてないほど重要になっています。"ジャンプ "のイメージは、ビジネスとして生き残るために取らなければならないリスクのメタファーでもあります。ポルシェ・ジャンプは、私たちポルシェが夢を追いかける決意の強力なシンボルです」と述べた。

左からルッツ・メシュケとアクセル・ルンド・スビンダル

「ポルシェと一緒にこの象徴的なジャンプを繰り返し、写真の背景にあるストーリーに意味を持たせることができるのは、私にとって大変光栄なことです。新しいことに挑戦する勇気を持つことは大切です。歴史的な写真は常に称賛され、ポルシェのDNAの一部となっています。過去を尊重し、現在を受け入れ、未来を形作る手助けをするのが私たちの仕事であり、それが持続可能であることも感じています」と、ポルシェのブランドアンバサダーであるアクセル・ルンド・スビンダルは語っている。



オリンピックで2度の優勝、世界選手権で5度の優勝、さらにワールドカップでも成功を収めているスビンダルは、ここ数十年で最も成功したスキーレーサーの一人である。スビンダルは、その素晴らしいスポーツキャリアを通じて、チャレンジ精神を持って取り組むこと、そして常に自分の強みに集中することを学んできた。

「常に前進し続けなければなりません。そしてレースでは、上達するために常に自分に問いかけなければなりません。そうしないと、すぐに追い越されてしまいますから。ただ、レースで常に先頭にいることは、常にリスクを負うということですし、過信は禁物です。だからこそ、時々人から違った視点で問題を指摘されると助かるのです」と語るスビンダルは、プロスキーヤーを引退し、現在はスタートアップ企業で働いている。

近年、ポルシェはスタートアップ企業やベンチャーキャピタルファンドへの投資を着実に拡大している。新しいビジネス分野への投資は、知識や革新的な技術を共有し、将来的にまったく新しいプロジェクトに取り組むための重要な推進力となる。「私たちポルシェは、これまでの実績に甘んじることはありません。私たちは常に決定的な一歩を踏み出す勇気を持ち、何よりもまず“挑戦”をさらなる発展のための機会と捉えたいと思っています。それが私たちの原動力なのです」と、メシュケは語る。



ポルシェ ジャンプは、写真家のハンス・トゥルーエルとスキーヤーのエゴン・ツィンマーマンが、ルビーレッドのポルシェ356 Bの上をジャンプした象徴的なオリジナル作品へのオマージュだ。モノクロ写真には「On taking a shortcut」という皮肉な小見出しが付けられており、オーストリアのスキーリゾート、ズース近郊にあるフレクセン峠が雪崩から解放された後に撮影されたもの。この新しいバージョンの発売を記念して、ポルシェミュージアムでは2種類の高級アートプリントを用意している。この複製は、歴史的なイメージと再解釈を組み合わせたもので、2021年末にポルシェ・オンラインショップで販売される予定だ。



ポルシェ ジャンプでは、撮影モデルにおいても類似点がある。スビンダルとツィンマーマンは、ダウンヒルスキーのオリンピックチャンピオンであり、彼らが最も活躍した時期には同じ競技用のゼッケンを付けていた。「ツィンマーマンは個人的に知っていましたし、オリンピックで優勝したときに二人とも競技番号7をつけていたので、彼とのつながりを感じています。彼の優勝から54年後の2018年は私の番でした」とスビンダルは語る。



モノクロ写真の「Der Sprung」は、報道とウィンタースポーツの写真を専門としていたハンス・トゥルーエルの最も有名な作品と言える。トゥルーエルは1920年6月26日にアウグスブルクで生まれ、1981年に亡くなっている。エゴン・ツィマーマンは、1939年2月8日、オーストリアのレヒに生まれた。6歳でスキーを始め、1962年には大回転で世界チャンピオンになり、2年後の1964年にはインスブルックで開催された冬季オリンピックの滑降で優勝している。その後ツィンマーマンは2019年に故郷で亡くなった。



全ての写真も見たい方はこちらの画像ギャラリー【全16点】

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事