世界的なデザインアワードで、ホテル ラ・マムーニアが2部門を受賞!

La Mamounia

世界的な著名人や国家元首など、幅広いセレブリティに愛され続けているインターナショナルな最高級ホテル ラ・マムーニアは、2021年9月13日にドバイで開催された、 最も美しいホテル/レストラン・バーを表彰する世界的デザインアワード「MEA AHEAD Awards」の2部門を受賞した。レストラン部門賞には、最近改装されたラ・マムーニアの「アジアティーク by ジャン・ジョルジュ」、バー、クラブ、ラウンジ部門賞には「チャーチル・バー」が輝いた。

「アジアティーク by ジャン・ジョルジュ」

伝統あるモロッコ スタイルの装飾と、ジャン・ジョルジュの料理が完璧に融合した、官能的なレストラン。装飾と料理のそれぞれの世界観を厳選された家具たちが結びつけ、心地のいい空間が完成している。

また、このレストランでは東南アジアから日本まで続く美食の旅を楽しむことができ、シェフのジャン・ジョル ジュが生み出したオリジナルの世界を存分に味わうことができる。

「チャーチル・バー」

ラ・マムーニアのランドマーク的な存在して常連客に親しまれてきたこのバー。ここはまさにホテルの歴史でもあり、ホテルがもてなしてきた著名人たちのストーリーにも溢れているメモリアルなスペースである。

バックライト付きの布張り壁や、全体を包み込むような温もりのある木張り天井、そし て、スモークオークの床から浮かぶように輝く馬蹄形の黑大理石のテーブルが醸し出す温かな雰囲気が、古き良き時代の英国の鉄道車両を彷彿とさせる。

なお、この受賞に対しラ・マムーニアの総支配人のピエール・ジョエムは、「この度の受賞を大変光栄に思うと同時に、パトリック・ジュアンとサンジット・マンクが手がけたラ・マムーニアの改修において、私たちの建築に関する選択とデザインに関する判断が正しかったことを裏付けるものであり、大きな喜びを感じております」と述べている。

経緯あるアワードの受賞により、ますます人気が上がるであろうラ・マムーニア。機会があれば、ぜひ一度は宿泊してみたいものだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事