ブライトリングからの自動車文化へのオマージュ

BREITLING

8月30日から9月3日に開催されたジュネーブ ウォッチ デイズ 2021で、ブライトリングがまたしても魅力的な新作を発表した。その名も「トップタイム クラシックカーズカプセルコレクション」という、本誌読者であれば、きっと大いに心惹かれるはずのモデルである。「トップタイム クラシックカーズ カプセルコレクション」は1960年代のクラシックスポーツカーをテーマにした3つのレーシングクロノグラフで構成される。 選ばれた車は、シボレー コルベット、フォード マスタング、シェルビー コブラの3台だ。

「トップタイム シボレー コルベット」は愛好家たちが「スティングレイ」と呼ぶ 1963~1967年の2世代目コルベットC2をモチーフにする。1959年の試作車 XP-87スティングレイレーサーを源流とする、アメリカでもっとも美しいと称されるスポーツカーのひとつだ。



BREITLING TOP TIME Chevrolet Corvetteトップタイム シボレー コルベット
クロノグラフ秒針が 30秒でダイヤルを1周する30秒クロノグラフムーブメント搭載。ダイヤルの 3、6、9時位置に3つのインダイヤル。12時位置とケースバックにシボレー コルベットのエンブレムが配されている。自動巻き、SSケース、ケース径42mm。63万9100円


「トップタイム フォード マスタング」は1964~1968年の初代マスタングがモチーフ。数々の名作映画の名シーンを産んだ、これも歴史的名車である。



BREITLING TOP TIME Ford Mustangトップタイム フォード マスタング
「トップタイム シボレー コルベット」と同じ30秒クロノグラフムーブメント搭載。3時位置がスモールセコンド、6時位置が6時間積算計、9時位置が15分積算計。12時位置とケースバックにエンブレムが配されている。自動巻き、SSケース、ケース径42mm。63万9100円


「トップタイム シェルビーコブラ」は1960 年代初期のキャロル・シェルビーがレース用に製作したマシンがモチーフで、してみるとシェルビー コブラというよりAC コブラというべきかもしれない。これもまた説明するまでもない、スポーツカーの歴史に残る名車 だ。 というように、 どれもが1960年代のアメリカを代表するスポーツカー。古きよき時代の、パワフルで明るく楽しいアメリカンカルチャーの象徴だ。



BREITLING TOP TIME Shelby Cobraトップタイム シェルビー コブラ
クロノグラフ秒針が 60秒で1周する一般的なクロノグラフで、3時位置にスモールセコンド、9時位置に30分積算計の2インダイヤルが、よりクラシックな雰囲気。6 時位置とケースバックにエンブレムが配されている。自動巻き、SSケース、ケース径40mm。63万9100円

 
一方、1962年に初めて発売されたトップタイムも若者をターゲットに一新され、1964年に欧米で販売開始。たちまち大ヒットとなった、つまりは「トップタイム」もまた1960 年代のアメリカンカルチャーの象徴である。 そのためこれら3つのレーシングクロノグラフを手に入れれば、あの時代の気分をたっぷりと楽しむことができる。コルベットやマスタングやコブラのステアリングを握るような、そんな夢見心地を味わえるだろう。
 
では、どのモデルを選ぶか。コルベットはレッド、マスタングはグリーン、コブラはブルーの各種各様の3カラー。インダイヤルとの色合わせやタキメーターの挿し色も注目点。また、純アメリカンのコルベットとマスタングは42mm 径で、イギリス車がベースのコブラのみ小振りな40mm 径にしているのも絶妙なところ。もちろん、各モデルのエンブレムも大きなチャームポイント。などなどと魅力を挙げればきりがなく、ますます悩んでしまう。さて、あなたはどのモデルがお気に入りだろうか。



文:福田豊 Words:Yutaka FUKUDA

全ての写真を見たい方はこちらの画像ギャラリー【全11点】

ブライトリング・ジャパン  
TEL:0120-105-707
http://www.breitling.com
info.jp@breitling.com

文:福田豊 Words:Yutaka FUKUDA

RECOMMENDEDおすすめの記事