SUVの本質を“魅せる”|1970台の特別仕様車「レンジローバーフィフティ」を試乗

photography : Kazumi Ogata

初代レンジローバーが登場してから50年もの時が過ぎた。今回オクタン編集部では、誕生年である1970年にちなみ、全世界で1970台が生産されたレンジローバー フィフティを試乗した。エクステリアカラーはカルパチアングレー。日本に導入された38台の内、このカラーは8台のみとなっている。フィフティでは、上級グレードであるオートバイオグラフィーをベースに、内外装各所に“Fifty”のロゴを取り入れている。編集部にある初代レンジローバーと並べてみると、改めて半世紀に及ぶ時の流れを感じずにはいられない。フロントグリル上部のシグネチャーを除いてしまえば、もはや同一ブランドであるとは思えないだろう。



ドアを開けるとデプロイアブルサイドステップが現れ、乗り込みをサポート。スムーズな乗車が可能で、ドアを閉めれば再び収納されるのもスタイリッシュだ。カルパチアングレーのシックな外装色に対して、内装のビンテージタンカラーのパーフォレーテッドレザーは穏やかな色調で、上質な空間を生み出している。

デプロイアブルサイドステップは格納式にもかかわらず頑丈な踏みごたえ。これがあるとないとでは乗り込みやすさに雲泥の差が生まれるだろう。

明るすぎず暗すぎず、品のあるビンテージタンカラー

エンジンを始動させると、巨大な車体に似つかわしい5.0リッターV8エンジンの低音が響く。そこまで大げさな音でもないが確かな迫力があり、「これからどこへ出かけよう」と思ってしまうような、冒険心をくすぐるサウンドだ。2570kgの車重は抜群の安定感を生むし、それほどの重さがありながら山手通りの坂道も何のことはない、踏み込めばスムーズな加速でしっかりと期待に応えてくれる。

この特別仕様車は、ランドローバーのチーフ・クリエイティブオフィサーであるジェリー マクガバン氏の手書きによる「Fifty」の文字が随所に刻まれている。

ステアリングホイールはウッド&レザーを選ぶこともできる。

新型レンジローバーでは、リアシートの座り心地を「陸上のファーストクラス」と謳っている。少し大げさに思うかもしれないが侮ってはならない。窮屈さを感じさせない余裕のあるスペース、電動リクライニングにマッサージ機能、柔らかなヘッドレストに、サンルーフから覗く空が極上のリラックス空間を提供してくれる。言わずもがな、ドライブ中は滑らかかつストレスフリーな乗り心地で、ドライビングカーでありながらショーファーカーとしての一面も持ち合わせていると感じた。

リアのヘッドレストはフロントとは違う仕様でクッション性があり、頭を預けると眠ってしまいそうになるほど。

SUVは「スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル」の略称であり、今となっては猫も杓子もSUVといえるほど、どこでも見かけることのある人気セグメントだ。しかし、ことユーティリティという点においてはどうだろう。もう少し広ければ、もう少し乗り心地が良ければ、もう少し街でも映えれば…。といった具合に、あと一歩足りないと感じてしまう点がどの車にもあるのではないだろうか。

スペアタイヤはトランクルーム下に収納されている。

トランクルームは電子制御エアサスペンションを使って高さを調節することが可能。

その点レンジローバーは、どの観点からも非の打ち所がないように感じた。圧倒的な走破性を誇りながらもラグジュアリー感あふれる内外装、運転する愉しさに加え、同乗者に対しても極上の乗り心地、リラックスできる環境を提供する。スーツを着て街中へショッピングに出かけても、もちろんTシャツにショーツで山奥のキャンプ場へ出かけてもしっくりくる。高速道路で力強い走りを堪能するもよし、晴れた日の夜に、後部座席をリクライニングさせてパノラミックルーフから星空を眺めるなんて、極上のプラネタリウムだ。ユーティリティ、有用性という言葉でいえば、これほどまでに様々な可能性を提示してくれる車があるだろうか。

エクステリアの随所に見られるサテンオーリックアトラス仕上げはフィフティのみのディテール。「autobiography」のプレートにも採用している。



全ての写真をじっくりと見たい方はこちらの画像ギャラリー【全27点】

「RANGE ROVER FIFTY」

総排気量:4999cc

最高出力;386kW /525PS /6500rpm

最大トルク:625N・m /2500-3500rpm

トランスミッション:電子制御8速AT

車両重量:2570kg

全高/全長/全幅:1865mm/5005mm/1985mm

ホイールベース:2920mm

タスカンブルー 24,688,000円
バハマゴールド 24,688,000円
ダボスホワイト 24,688,000円
カルパチアングレイ 22,992,000円
アルバ 22,992,000円

文:オクタン日本版編集部 写真:尾形和美

RECOMMENDEDおすすめの記事