ルノーのロゴがすっきりと刷新|新時代を反映したデザインに

RENAULT

ルノーの新戦略「Renaultion(ルノルーション)」発表の場であたらしいデザインのロゴが披露された。1925年にロザンジュ(ダイアモンド型)が登場して以来、時代を反映して細部のデザインは幾度となく変更されてきたものの、ロザンジュそのものは変わることなく今日まで受け継がれ、今やルノーのブランドアイコンとして広く世に知られている。

あたらしいロゴは、これまでの立体的なデザインから、伝統に根ざしつつも今という時代を反映したフラットなデザインとなっている。ふたつのロザンジュが一体となりひとつのロザンジュを形づくる新しいロゴのデザインは、ふたつのロザンジュが相互に作用することでロゴに動きを与え、また互いに影響し合ったり補い合ったりする人間的な暖かみのある関係性を感じさせるもの。オープンエンドの形状は、ブランドの開放性と透明性を表しているという。



平面的ですっきりとしたデザインは、現代のデジタルの世界にも適したものだ。これにより、ウェブサイト、スマートフォンのアプケーション、車内のスクリーン/ディスプレイなど、それぞれのデジタル環境に応じたデザイン表現が可能となる。

伝統に根ざしながら現代的なデザインとなったあたらしいロゴは、ルノーというブランドが身近で、人を中心とする価値観を大切にしていることを未来に伝えてゆく役割も担っていく。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事