マクラーレン・オートモーティブ10周年を記念して、歴代モデルがパレード走行を披露

McLaren

10年にわたるロードカーでの成功を記念して、マクラーレンオートモーティブのスーパーカーやハイパーカーが、10月16日 (土)と17日 (日) にイギリスのグッドウッド・モーターサーキットを周回し、第78回グッドウッドメンバーズミーティングのオープニングを飾った。

バレードの先頭は、2011年にマクラーレンオートモーティブの新時代の募間けを告げた製造1台目の12C。続いて、この10年間に登場した記憶に残る温性能ラグジュアリーモデルの数々が、マクラーレンの業績を記念してグッドウッドサーキットを走行した。



12Cと共に登場したのは、世界初のハイブリッド・スーパーカーのMcLaren P1、究極のサーキット専用モデルであるMcLaren Senna、McLarenGT、コンバーチブルの675LT Spiderと720S Spiderそしてアルティメットシリーズ最新作のElvaだ。またマクラーレンの新型ハイパフォーマンスハイブリッドスーパーカー、 Arturaも登場した。



このダイナミックなパレードを中心とするグッドウッドでの10周年記念イベントには、マクラーレンのカスタマーも参加した。また、コースカーやセーフティーカーにもマクラーレンのロードカーが使われた。

マクラーレンオートモーティブCEOのマイクフルーウィットはこう話す。

「次の10年における、マクラーレンオートモーティブは様々なセレブレーションを発表することでしょう。私たちはマクラーレンの歴史を土台に、新説術を開発し、電動化を構極的に受け入れて、成長を続けています。折に触れて、サーキットで私たちのマシンを走らせ、マクラーレンのオーナーと共に楽しむ。祝福するのに、これ以上のものはないでしょう。マクラーレンの創業者ブルース・マクラーレンは『人生は、年の数だけでなく何を成しげたのかで測られる』という言葉を残しています。10周年を迎えたこと自体は画期的ではありますが、同時に2011年から生み出してきた驚異的なマシンの数々こそ、私たちが最も誇りとするものです」



マクラーレンのロードカーのヘリテージを細解くと、ブルースマクラーレンが1969年に未来的な外観のM6GTを設計製造したことにさかのぼる。ブルースは1970年にグッドウッドサーキットでテスト中の事故から早すぎる死を迎え、ロードカーに進出するマクラーレンの野心は中断された。しかし、レース以外にも好機は存在し続け、1993年にはMcLaren F1 が登場して、カーボン・ファイバー製モノコックと中央に配したドライビング・ポジンョンで常識を書き換えた。そして2009年、新時代の到来を告げるまったく新しいスーパーカーの12Cが発表されたのだ。

12Cのデリバリーは2011年に始まった。同年秋には、このスーパーカーとその後のすべてのマクラーレンロードカーを手作業で組み立てる新施設、マクラーレンプロダクションセンターがイギリスのサリー州ウォーキングにオープン、量産という目標達成に向けて万全の標勢が整い、こうしてマクラーレン・オートモーティブの10年が始まったのである。



グッドウッド・メンバーズミーティングでの10間年記念に先立って、9月にも、イギリスのシルバーストンサーキットとボルトカルのアウトードロモ・インテルナシオナル・ド・アルガルヴェで同様の記念イベントが行わた

そこでは、過去10年のラグジュアリースーパーカーによる記念バレードに加えて、個人所有の希少なサーキット専用モデルも集結。McLaren SennaGTRや McLaren P1GTRに加えて、GT3のレーシングカーからレギュレーションの制約を取り払ったマクラーレンカスタマーレーシングの7205GT3X も登場した。ポルトガルでのイベントでは、ピュア・マクラーレンGTシリーズの3戦も行われ、多くのマクラーレンオーナーが新たにGT レースに挑戦した。



11月には、アメリカテキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズでもピュア・マクラーレン・フェスティバルを開催する。2021年ピュア・マクラーレン・GTシリーズの最後の3戦が行われるほか、さらに多くのマクラーレン・オートモーティブのモデルがアメリカGP開催コースをバレードする予定だ。

2021年のマクラーレンのロードカー・ラインアップには、GTのほか、2種類のスーパーカー、McLaren Artura と720S、さらに極限を追求した765LT、そしてElvaがある。こうしたモデルや過去の多くのモデルに関する詳細は、マクラーレン・オートモーティブのサイトで確認できる。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事