「ポールニューマン・ジョン・プレイヤー・スペシャル」のデイトナも!フィリップスの第13回香港時計オークションの注目ウォッチをご紹介

PHILLIPS

フィリップスは、11月25 日から26日にかけて、13回目の開催となる香港オークション「The Hong Kong Watch Auction: XIII」を開催する。なお、このオークションでは、パテック フィリップやロレックス、オーデマ ピゲなどの高級時計をはじめ、F.P.ジュルヌ、ハリー・ウィンストン、ジェラルド ジェンタなどの独立系時計メーカーのモデルまで、さまざまな貴重なモデルが出品される。

今回登場する時計の数は、およそ300点以上。中には出所、状態、希少性の点で卓越した時計も用意されているという。そして今回、その中から特に注目すべきロットを2点ご紹介したい。




パテック フィリップ Ref. 3448/100 「The Blue Royale」
補足:プラチナ・ケース入りカレンダー腕時計
製作年:1973年ごろ製作
エスティメイト: 1000万香港ドル以上


世界初の自動巻き式永久カレンダー付きの腕時計として1962年にデビューした、パテックフィリップのRef. 3448を備え、サファイア製のユニークなインデックスを採用したモデルだ。なお、フィリップスの調査によると、このモデルはサファイア・セット・インデックスを備えた当時のパテック フィリップのモデルの中で唯一のコンプリケーションウィッチであるという。



また、さらに掘り下げると、サファイアディスプレイのケースバックを備えた 3 つの Ref. 3448 のうちの 1 つであることが判明。これは、当時の最高の自動巻きキャリバーである Cal.27-460 Q に憧れを抱いた初代オーナーの特別な要望によるものだと推測される。

この美しいモデルはエスティメイト1000万香港ドル以上から。





ロレックス Ref. 6241 「The French JPS」
補足:イエローゴールド・クロノグラフ腕時計
製作年:1968年ごろ製作
エスティメイト::465万〜940万 香港ドル

もう一つの注目ロットは、「ポールニューマン・ジョン・プレイヤー・スペシャル」文字盤のロレックス デイトナ Ref. 6241。これまでに一度もオークションに出品されたことがない1本だ。こちらの型番は、1965 年に発表され、1969 年までのわずか 4 年間のみ生産された、デイトナの中でも最も希少なモデルのひとつ。また、18kイエローゴールドのケースが採用されたモデルは300本に満たないと言われている。



また、このモデルは保存状態も良く、ケースバ ックとラグにフクロウのシンボルで示された 2 つのフランスのゴールドインポートホールマークとジュネー ブのヘルベティアホールマークが鮮明に刻印されている。これもまた、このモデルの価値を高めている。

なお本モデルのエスティメイトは465万〜940万 香港ドルとなっている。



第 13 回香港時計オークション詳細
会場: JW Marriott, 88 Queensway, Admiralty, Hong Kong
イブニングセール: 11月25日 日本時間19時から
デイセール :11月26日 日本時間11時30分から


フィリップス
www.phillips.com/watches

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事