マセラティとG20 ローマサミット|40台のマセラティがローマに並んだ理由とは

Maserati

ローマサミットにずらりと並ぶマセラティ。これは10月29日から31日にかけて開催されたG20ローマサミットにマセラティが協力し、各国首脳の移動用に40台の車を提供したものだ。

マセラティのCEOであるダビデ・グラッソは次のように述べている。「マセラティ社員一同、革新性と情熱、そしてユニークなスタイルを持つ、このような国際的に重要なイベントのパートナーになれることを光栄に思います。マセラティは、イタリアンエクセレンスの本質的をすべて体現するブランドであり、また、これを追求することに全力を注いでいます。それと同時に、我々は世界に開かれたグローバルブランドであり、常に新しいものを求めて未来を見据えています」



フラッグシップモデルのクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、SUVのレヴァンテが、G20のゲストを乗せてローマ市内を移動した。実務会議は、EUR地区にあるローマ・コンベンション・センターで行われ、同場所では、トライデントが誇る最高のパフォーマンスを象徴するスーパースポーツカー、MC20も展示された。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事