北米向けクロスオーバーSUV「MAZDA CX-50」が世界初公開|トヨタとの合弁新工場で生産される初のマツダ車

MAZDA NORTH AMERICAN OPERATIONS

マツダの北米事業を統括するマツダノースアメリカンオペレーションズ (米国カリフォルニア州アーバイン)から、北米向けクロスオーバーSUV「MAZDA CX-50」が公開された。



CX-50は、マツダにとって最重要市場の一つである米国におけるビジネスを支える基幹車種として登場。SUVらしい存在感やオフロード性能を求めるアメリカを中心としたカスタマーのニーズを取り込み、北米のラインナップに新たに追加されるクロスオーバーSUVだ。



マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のエレガントな上質感と、SUVに求められる力強さとタフな機能性を併せ持つCX-50はオフロードでも安心な最低地上高を確保。またルーフへの積載性や使いやすいパッケージング、パノラマサンルーフを採用するなど、アウトドアアクティビティを楽しみやすい仕様となっている。マツダ車では初となるパノラミック・ムーンルーフにより、自然との距離もより近づくことだろう。





エンジンは、ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」もしくはガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.5」に全車「i-ACTIV AWD」を組み合わせ、さらに「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT」によってオンロードの人馬一体の走りはそのままに、多種多様な路面においても高いコントロール性による安心・安全な走りを提供する。数年以内にはハイブリッドモデルも追加される予定だという。



また、このCX-50は、トヨタ自動車株式会社との合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc. (以下、MTMUS)」 (米国アラバマ州ハンツビル)にて2022年1月より生産を開始する初のマツダ車となることも注目すべきトピックスのひとつだ。

マツダのジェフリー・エイチ・ガイトン専務執行役員 北米事業統括、マツダモーターオブアメリカ,Inc.(マツダノースアメリカンオペレーションズ)社長兼CEOは、次のようにコメントしている。
「米国新工場MTMUSで生産する初のマツダ車となるCX-50は、米国を中心とするお客さまのニーズを十分に取り込んだモデルとしてマツダの北米市場への強いコミットメントを示すものです。この商品を通じ、お客さまとの特別な絆をさらに深めていきたいと考えています」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事