反骨精神を魅了する!「ダークな美学」を追求して誕生したロールス・ロイスの新型「ブラック・バッジ・ゴースト」

ROLLS-ROYCE

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、10月29日にイギリス本国より世界初公開された「ブラック・バッジ・ゴースト」を、日本において11月17日(水)に発表するとともに、国内での受注を開始した。



リスクを冒し、古い因習に挑んで成功を収めた反骨の精神を持つ「ディスラプター(破壊者)」たち。彼らは自らの感性と意志により「ラグジュアリー」を定義する。たとえばスーツではなくストリート・ウェアを身に付け、銀行ではなくブロックチェーンを利用する。デジタルを駆使してアナログの世界に影響を及ぼし続けている彼らの新しい基準とは、ダークな美学、主張するキャラクター、大胆なデザイン。ロールス・ロイスはこれらを求めるカスタマーの要望に応えるべく、2016年に常設型ビスポーク・モデルとして「ブラック・バッジ」のモデル・ファミリーを導入した。「レイス」と「ゴースト」から始まり、2017年には「ドーン」、さらに2019年には「カリナン」が発表された。

新型「ブラック・バッジ・ゴースト」は、「ポスト・オピュレンス(脱贅沢)」をダークに表現するモデルとして登場した。リダクション(削減・縮小)とサブスタンス(実質)を特徴として美を追求し、優れた素材を厳選して使用し、控えめながらも知性を感じさせるデザインとなっている。純粋なブラックで永遠に覆い隠すことで、ゴーストの破壊的な側面を引き出そうと考えたカスタマーの要望を反映した車なのだという。



ブラック・バッジ・ゴーストの日本国内向け発表にあたり、2021年8月1日にロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋の新リージョナル・ディレクターに就任した、アイリーン・ニッケインは次のように述べている。

「よりダークな美しさ、より緊張感のある個性、そしてよりドラマチックな素材の取扱いを特徴としているブラック・バッジは、ロールス・ロイスの分身として大きな成功を収めており、特に日本では大変人気を博してきました。新型ブラック・バッジ・ゴーストは、ポスト・オピュレンス(脱贅沢)の極限状態のミニマリズムを表現する最高にピュアなブラック・バッジ・モデルとなり、眩いばかりに煌めく日本の大都市圏の夜を走るナイトドライブに映えること間違いなしです」

ブラック・バッジは、スピリット・オブ・エクスタシーやパンテオングリルなど、ロールス・ロイスのシンボル的な部分でさえもブラックに仕上げていることが特徴のひとつだ。これらのパーツは単に塗装を重ねるのではなく、もともとのクロームメッキ工程に特殊なクローム電解液を導入し、ステンレス・スチール製の下地に共析させてダーク仕上げとする。表面の最終的な厚さは髪の毛の100分の1の太さに相当する1マイクロメートルという至高の技だ。



ブラック・バッジ・ゴースト専用にブラック・バッジ・ハウス・スタイルのデザインが施されたビスポーク21インチ・コンポジット・ホイールは、バレル部分に22層のカーボン・ファイバーを3方向に交差させて配置したものを使用。リムの外周で折り返すことにより合計44層のカーボン・ファイバーとなって強度を高めている。3D鍛造アルミニウム製ハブは、航空宇宙産業で使用するグレードのチタン製ファスナーでリムに固定され、ダブルRのモノグラムが常に直立するロールス・ロイスの特徴的なフローティング・ハブ・キャップを取り付けて完成する。



インテリアには、職人たちの手によって生み出されたカーボン・ファイバーとメタリック・ファイバーを使った深みのあるダイヤモンド・パターンの複雑かつ繊細な生地が使用される。「ブラック・アンド・ネオン」という美学にインスパイアされたシートのレザーは、トゥルケーゼがブラックに強いコントラストを与え、ブラック・バッジの鮮やかさを特徴づけるものとなっている。



金属光沢の部品を減らすことで、ブラック・バッジ・ゴーストのノワールな雰囲気がさらに高められた。ダッシュボードや後部座席のエア吹き出し口のサラウンドは、経年劣化や反復使用によって部品が変色したり変質したりしない数少ない金属着色法のひとつである、物理蒸着法(PVD)を使って暗色化している。

ダッシュボードの時計の脇には、「ゴースト」と共にデビューした世界初のビスポーク・イノベーションである「イルミネーテッド・フェイシア」だ。このフェイシアには850個を超える星に囲まれたレムニスケートが幽玄に輝く。ブラック・バッジ・ゴーストではレムニスケート・モチーフのイルミネーションがフェイシアの上部と下部に取り付けられた152個のLEDから構成され、それぞれが発する色はキャビンの時計や計器盤の照明に合わせて念入りに調整されたものだ。表面には9万個を超えるドットがレーザー・エッチング加工され、フェイシアに沿って視線を動かしたときに、光がきらめいて見える効果があり、シューティングスター・スターライト・ヘッドライナーの繊細な輝きが反映されている。





ファントムで初登場し、昨年新型ゴーストにも採用されたロールス・ロイス独自の「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」と呼ぶオールアルミ製スペースフレーム構造がある。ブラック・バッジでは、これらのエンジニアリング・クオリティを全面的に見直し、より容量の大きなエア・サスペンションを組み合わせることで、激しいコーナリングの際にもボディのロールを抑えることに成功した。

ツイン・ターボ付き6.75リッターV12エンジンは、さらに29PS向上した最高出力600PSを実現。トルクも50Nmアップの900Nmとすることで、途切れることのないシングル・ギヤのような走行感覚を強調している。

新型ブラック・バッジ・ゴーストは、11月17日(水)より国内における受注を開始し、納車は2022年の第1四半期から始まる予定だという。メーカー希望小売価格は、43,490,000円(消費税込)からで、ビスポーク・オーディオやリヤ・エンターテイメント・システムなどを含む発表時の特別ローンチ・パッケージ付きモデルは48,516,000円(消費税込)となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事